先日、今年のオールスターのスタメン選手が発表。
スタメンに選ばられるだけあって、豪華な選手が選ばれました。

イースタンカンファレンススターター5名

まずは、イースタンカンファレンス所属チームから選ばれた、スターター5名を紹介。

【ガード】
・カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)
・デマー・デローザン(トロント・ラプターズ)

【フロントコート】
・レブロン・ジェームス(クリーブランド・キャバリアーズ)
・ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)
・ジェエル・エンビート(フィラデルフィアセブンティシクサーズ)

この5名がスターターとして、オールスターに出場。
5名中4名が昨年オールスターにも出場している、NBAを代表する選手ですね。
そして、唯一昨年のオールスターには出ていない、そして初出場初先発の快挙を成し得たのが、エンビートですね。

しばらくプレイオフから遠ざかってるチームを、今シーズンプレイオフを狙える位置に押し上げている選手の1人です。
NBA 入り後2年間は全休。
昨シーズンついにデビューとなり、オールスター級の活躍を見せるも、シーズン途中で怪我でアウト。
4年目となる今シーズン、出場時間は30分ほどに抑えてるものの、1試合平均23.6得点・10.9リバウンドのダブルダブルの活躍を見せ、見事にオールスター初選出です。

レブロン・ジェームスが最多得票

イースタンから5名のスターターが発表されしたが、今年はこの5名でチームを組むわけではなく、東西カンファレンスで最多得票者が、キャプテンとなり東西のオールスター選出選手らを、ドラフトしていきチームを組むのが今年のオールスター。

そして、イースタンの最多得票者は、やはりレブロン・ジェームスでした。
レブロンがキャプテンとなり、どの選手をいの一番に指名するのか、楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

NBAプレーオフ1stラウンド対戦カード~西地区①~

NBAウェスタンカンファレンスのプレーオフ1stラウンドの対戦カードその①

【NBA】トレード期限終了後は、解雇選手たちの移籍に注目

これからは、トレード後に解雇された選手の動きに注目です。

【NBA】オールスターMVPはレブロン・ジェームス!

オールスターMVPは、キング、レブロン・ジェームスでした。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。