ゴールドキウイ グリーンキウイの違い

味は、黄色のゴールドキウイの方が甘く、緑のグリーンキウイは爽やかな酸味と甘味が特徴です。
緑のグリーンキウイは、食物繊維が多く、お腹の調子を整えたい人にオススメです。
黄色のゴールドキウイは、ビタミンCが豊富で、1個で1日分のビタミンC摂取推奨量を取れてしまうほどなので、美容と免疫力アップに効果的です。

アンチエイジング

若返りのビタミンとの名前を持つビタミンE。キウイにはビタミンEも含まれています。老化を防ぎ若々しさを保ってくれます。その効果は肌に
ハリ、ツヤを出してくれるのももちろんですが、生活習慣病予防としても効果的です。
血管が老化をしてしまうと動脈硬化の原因となり、それに伴って様々な病気が引き起こされる可能性があるのですが、ビタミンEは血管の老化防止に努めるため動脈硬化になる危険性が低くなります。
血管の若さを保つことで動脈硬化を防ぎ、様々な病気から体を守ってくれます。
ビタミンEを摂るならゴールドキウイです。よりビタミンEの効果を得ることが出来ます。

胃もたれ防止に

キウイにはアクチニジンが豊富に含まれています。
キウイに含まれているアクチニジンは、プロテアーゼと呼ばれるの酵素の一種で、タンパク質を分解する働きがあります。
アクチニジンが肉や魚などのタンパク質を分解するため、消化や吸収を促進してくれます。この働きが胃腸の負担を軽減し胃もたれを予防、胃腸の健康を維持する効果がキウイにはあります。
肉や魚料理の食後のデザートには、キウイで消化をサポートするのが良いです。
アクチニジンはキウイの他に、青パパイヤ、パイナップル、いちじくにも含まれています。

血糖値の上昇予防

キウイには、食後の血糖値の急上昇を抑える効果があります。
これは、食前にキウイを食べるのがポイントで、カーボラストやベジタブルファーストと呼ばれるダイエット効果を得るための食事法です。
これはキウイに含まれる食物繊維の働きによるもので、食物繊維が炭水化物に含まれるブドウ糖の吸収を低下させてくれます。
血糖値の急上昇を抑えると、肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンの過剰分泌を抑える事ができるためです。ダイエットに限らず糖尿病の予防にもつながります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

実は逆効果だった!冷えを作る習慣とは?

ここ最近寒くなってきましたね。 冷え性の方はとくに辛い季節… いろいろ身体を温めるために行ってきました。 で…

高血糖に要注意

誰でも、食事をすると一時的に血糖値が上がります。

生姜の力

この時期の生姜、頼りになりますよね

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です