「朝忙しくて、作る暇がなかった」「あまり時間は取れないけど、何か口に入れときたい」。例えダイエット中でも、ささっと利用できるコンビニ食は便利で、ついつい利用しがちですよね?

「健康」を意識したお弁当もちょこちょこ登場してきてますが、それでも何も考えずに食べてると高カロリーになりがちなコンビニメニュー… もし、ダイエット中に選ぶ時にはどんなモノをチョイスしていけば良いのでしょうか?

オニギリだけは避ける

コンビニ食の代表といえば…様々な種類のあるオニギリですよね? ただ、ダイエット中はオニギリのみの食事は避けた方がベター。

過剰に炭水化物を抜いてはNGですが、炭水化物のみの摂取もNGです。

できれば合わせて温かい味噌汁や、サラダ等も合わせて食べる方が良いです。ささっ!と済ませたい時には面倒に感じてしまいがちですが、この積み重ねが中性脂肪値の増加や、下っ腹の膨らみに貢献してるのかもしれあません。

サラダに要注意

コンビニ食の特徴は、サラダ類の種類がかなり豊富な事。年々「健康志向」な人が増えるに連れて、コンビニサラダも増加してきてるように思えます。

コンビニサラダを買う時の注意点は「お惣菜+野菜」系のサラダに注意する事です。(唐揚げとミックスされたもの等。) 美味しさや食べごたえを重視するため、その他のお惣菜が入ってるサラダも多く、蓋を開けてみたら野菜よりもお惣菜系の方が多かった…なんて場合も。

ついつち買ってしまいがちなお惣菜サラダですが、「野菜を摂る!」という本来の趣旨を外れないように要注意ですね。

カップ麺には野菜ジュースをプラス

炭水化物が中心となるカップ麺には、できれば食物繊維やビタミン類の補給も含めてサラダを合わせて食べたい所ですが、野菜ジュースやグレープジュース等の摂取でも多少補う事は可能です。当然、日々カップ麺食が続くのはNGですので(健康的にも)…あくまでも 「どうしても食べるなら」という前提です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

中性脂肪・皮下脂肪・内蔵脂肪の違いは何?

名前は知っているだけの人は多いと思います。

摂れば痩せる砂糖!?今注目の夢の甘味料・希少糖とは?

近い将来、ダイエット中でもバンバン甘いものを摂って良い時代が来るかもしれません!

あれ?ぽっこりお腹?内蔵脂肪を落とすには?

最近、お腹が出てきた?もしかしたら隠れ肥満? 見えない内蔵脂肪が蓄積されているかもしれません。内蔵脂肪は食生…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。