睡眠の質を向上させませんか?

私たちが疲れを回復させるうえで大事な睡眠。
その睡眠をより質よくさせてくれる働きを生むのがマットレスです。

私たちが立っている状態では重力は足一箇所にしかかかりませんが、睡眠時のあお向けの姿勢では頭、背中、腰、足の4箇所が主に重力を受けることになります。そのうち最も重力がかかるのが腰で、全体重の約44%もの力がかかるそうです。この状態だと腰にかなりの負荷がかかり、腰痛などの原因になってしまいます。
そこでマットレスの役割は体圧を分散させて身体への負担を軽くすること。つまり、身体の圧をできるだけ均等に分散できるマットレスを選ぶことが重要です。
そこで是非皆さんも自分の体に合ったマットレスを選んで見ませんか?

良いマットレスを選ぶポイント

マットレスを選ぶときのポイントは、とにかく試してみることです。ネットでの評判や人気も参考にはなりますが、それに惑わされずにできる限り店頭に足を運んで、触って弾力を確かめたり、実際に寝て寝心地を確かめたりすることが大切です。

①寝姿勢が心地よいか?
まずは睡眠中の寝姿勢で最も多い、あお向けで寝たときの姿勢をチェックします。あお向けの寝姿勢が心地よいと感じるものを選びましょう。あお向けで寝た状態で腰とマットとの間にできる空間が2~3cm程度となるS字が理想で、これは立っているときよりも体が少し伸びたような姿勢になります。背中や腰が沈み込みすぎないかどうか、マットレスが体に密着しすぎないか、体に余計な力が入っていないか、などをチェックしましょう。横向けでの寝心地を確認することもお忘れなく。

②寝返りがしやすいか?
寝姿勢を確かめたら、次は実際に寝返りを打ってみます。睡眠中にスムーズに寝返りができないと、血流が悪くなったり、体温調節がうまくできなくなってしまったりするので、寝返りのしやすいマットレスを選ぶことはとても重要です。寝返りをするときに余計な筋力を使わずにスムーズにできるかどうかを確認しておきます。

③不快な揺れがないか?
次に、不快な揺れがないかどうかチェックしましょう。あまり横揺れがひどいと睡眠が妨げられてしまうことがあります。特に2人で同じベッドで休むという方は、相手が寝返りを打つたびに揺れが起きるので、余計に気になることがあります。揺れがあまりひどい場合は購入を避けたほうが無難です。

④きしみ音はしないか?
睡眠は毎日のことですので、あまりにきしみ音が気になるようだとストレスになってしまいます。何度か寝返りを打ってみて、きしみ音も確認しておきましょう。

⑤通気性が良いか?
高温多湿の日本の気候に合った通気性のよいマットレスを選ぶことが大切です。通気性のよくない素材は湿気がこもり、カビが発生することもあります。カビはアレルギーの原因になりますので、アレルギー体質の方は特に注意が必要です。

マットレス種類

①スプリングタイプのマットレス

ベットでもおなじみのスプリングタイプのマットレスは、大きく2種類に分かれています。


・ボンネルコイルマットレス
らせん状に巻いたコイルスプリングを連結させたマットレスです。適度に硬めで、強い弾力があります。寝たときに体を面でしっかり支えるので、やわらかすぎるマットレスが苦手な方におすすめです。コイルの中が空いているので通気性がとてもよく、湿気がこもりにくいマットレスです。ただし、コイルとコイルが連結しているため、動くと揺れが気になる場合があります。

・ポケットコイルマットレス
コイルスプリングを一つずつ小さな袋(ポケット)に入れてマットレスに敷き詰めたものです。体を点で支えることができるので、体にかかる圧を効率良く分散することができます。体にフィットしている感覚があり、寝心地の良さも魅力です。寝返りのときの横揺れが少ないというメリットも。生産に手間がかかるため、価格はやや割高。通気性はポケットに入れている分、ボンネルコイルより多少悪くなります。体重が重い方は、ボンネルコイルマットレスよりも体が沈みやすくなりますので注意が必要です。


②高密度連続スプリングマットレス
高密度スプリングはコイルを高密度に配置したマットレスで、横揺れが少なく、耐久性に優れているのが特徴です。丈夫なため、ホテルなどで採用されています。かなり硬めの寝心地になりますので、やわらかいマットレスが苦手な方や、体重によって体が沈み込むのが気になる方におすすめです。

③ウレタン・樹脂素材のマットレス

ベットがない方でも使用できるのがこのタイプのマットレスです。
持ち運びも可能です。

・低反発マットレス
低反発マットレスは、もともとはNASAで考案された衝撃吸収素材です。重みや温度に反応してゆっくりと体が沈み、包み込まれるような寝心地が魅力です。体を圧迫しないので寝返りの回数が減り、睡眠の質が安定します。気温によって硬さが変わるので夏場はやわらかくなりすぎることがあります。長時間ベッドに寝ている方の床ずれ防止になるので、医療現場でも使われています。ウレタン素材なので通気性はよくありません。夏は暑いのが難点です。

・ウレタンの高反発マットレス

ウレタンの高反発マットレスは、適度な硬さで理想的な寝姿勢を実現でき、寝返りを補助する効果があります。耐久性にすぐれているのも特徴です。ただウレタンなので通気性はよくありません。またウレタンは、寒いと硬くなり、暖かいとやわらかくなる性質があるので、暖かい季節には高反発の機能が落ちることがあります。

・樹脂の高反発マットレス

網目繊維構造の高反発マットレスは、有名アスリートのCMが話題となり近年人気が高まっています。樹脂を水の中に流し込んで網目状に編んだ素材で、体圧を分散し理想的な寝姿勢が保てるうえ、適度な硬さが寝返りを補助してくれます。通気性が良いので夏は涼しく、冬は空気の層によってあたたかいのも魅力。洗うことができて清潔に保てるので、高温多湿の日本の気候に合っています。マットレスや布団の上に敷くタイプのものが多いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダイエット中はフランスパン

ダイエット中でもパン大好きって方必見です。オシャレなフランスパンについてです。

年々注目を浴びているイースターってなに?

イースターと言われても、日本では馴染みのないイベント。 言葉を聞いた事もない、聞いたことがあっても、詳しくは…

パンの美味しさのひけつ

女性のみなさん、大好きなパンの美味しさのひけつをお話しします。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、