はじめに

みなさんはバービージャンプをご存知でしょうか?
名前は可愛らしいですが、私の人生の中でも強烈なインパクトを残したトレーニングの1つです。見た目は簡単そうに見えますが、回数を重ねるごとに全身に乳酸が溜まりキツくなっていきます。最後の方はジャンプも出来ないほどの辛さです。体育会系の部活に所属していた方は一度は経験あるのではないのでしょうか?年齢を重ねてから行うバービージャンプは地獄ですね。そんなバービージャンプについてどんな効果があるか紹介したいと思います。

バービージャンプ

バービージャンプとは海外では”Burpee(バーピー)”と呼ばれる、下半身の筋肉を中心に、全身をダイナミックに動かしていく全身運動の一つです。その起源は1930年代に遡り、当時のアメリカ人生理学者「Roayal H. Burpee」が博士号取得のために書いた論文の中で、素早くシンプルに身体能力を高められるエクササイズとしてバーピージャンプを紹介したのが始まり。その後、その手軽さと、とても優れた効果によって絶大な指示を受け、世界中に広まったトレーニング方法です。

バービージャンプの流れ

1.直立の状態を作ります
2.両手をついてその場にしゃがみこみます
3.同時に少し跳ねるようにして両脚を後ろへ伸ばします
4.両肘を曲げていき、腕立て伏せのような動作で体を軽く沈めていきます
5.両肘を伸ばすと同時に、両足を最初の位置に戻します
しゃがんだ状態に戻ります
6.立ち上がりながら出来る限りジャンプしていきます
両膝と股関節を伸ばして立ち上がっていきながら、同時にジャンプして
いくイメージです。両手は一緒に頭上へ高く上げていきましょう
7.その後着地したら、同じ動作を繰り返していくようにします

効果は?

そのため、バーピージャンプに取り組むことは、全体的なフィットネスレベルを向上させるためにとても有効で、日常生活やスポーツ上で必要な、身体能力を高めていくのにとても効果が高いトレーニング方法だと言えます。
また、下半身を中心に爆発的な力を出していく練習を繰り返すため、ジャンプ力や瞬発力を必要とするスポーツのパフォーマンスアップにも効果的。さらに、ランニングのような一定の速度で行う単調な有酸素運動は苦手という人でも、このバーピージャンプに取り組んでいくことで、筋力を維持・向上させながらも、心肺機能や持久力アップにつなげることが可能。
そして有酸素運動の高い効果からも分かる通り、脂肪燃焼効果も非常に高いため、ダイエットや体の引き締めといった効果も大いに期待できます。

最後に

いかがでしたでしょうか?
これであなたもバービージャンプをトレーニングの一つとして取り入れたくなったのではないのでしょうか。最初はキツく筋肉痛が起こるはずですが、慣れてくうちに体も軽くなった感覚にもなるので、試してもる価値はあります。しかし、、、ホントにきついですよ。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

続けやすいウォーキングダイエット

ダイエットをする時には食事と運動が不可欠ですが、簡単で効果的な運動の一つがウォーキングです。歩くだけで筋力が…

6個に割れた腹筋を鍛えたら8個に割れるに!違いま〜〜す!

憧れのエイトパック。誰もがなれるわけではなかった。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。