ポジティブになれば物事がうまく行きやすい

些細なことで悩んでしまって、落ち込むことってありますよね。
全く悩みが無い人なんて、そんなに多くないでしょう。誰だって、テンションが下がってしまうことはあるはずです。でも、仕事をするうえでは、いちいち落ち込んでいたらキリがありません。
でも、日常生活を送る上では、ストレスがたくさんあります。忙しくて時間が無い人が多いですから、ゆっくりとリフレッシュすることもできません。だから、そういったストレスが溜まってしまって、慢性的に精神疲労が進んでしまうこともあるわけです。
なので、そういったことを防ぐためにも、ポジティブに考えて行動することが求められるわけです。
余計なストレスを感じることがなくなれば、毎日を快適に過ごせるようになるでしょう。
そこで、ポジティブになるコツを掴んでみませんか?

ポジティブになるための行動習慣

①自分の弱点を知る
最初に、自分の弱点・欠点を理解することから、ポジティブシンキングは始まります。今の自分に足りないと思っていることや苦手だと思うことを、紙に書き出してみましょう。思い付く限り、すべて書き出してください。
それが出来たら、次に弱点をプラスに言い換えてみてください。
たとえば、「集中力が無い」という弱点があったなら、「好奇心が旺盛」というプラス要素に言い換えることができます。「注意力が無い」という弱点は、「細かいことにこだわらない」というプラス要素となります。
このように、プラスに言い換えることで、自分に対する自信を持つことができます。

②自分は変われると信じる
ポジティブな考え方をするためには、ネガティブ思考を頭から切り離す必要があります。
そのためにも、自分自身は変わることが出来ると信じるようにしてください。
上手くいかないことを外的な要因のせいにするのでなく、自分が変わればすべてを好転させることが出来ると信じるわけです。
自分次第で全てを変えることが出来ると信じることが出来れば、ポジティブシンキングを身に付けたも同然です。とにかく、思い込むことが重要ですね。

③自分を好きになる
「好き」という感情は、最大のモチベーションとなります。自分自身を好きになることで、ネガティブな感情を排除することができ、やる気が湧いてくるようになります。自分の良い所を積極的に認めるようにしましょう。そうすることで、自分を好きになる第一歩となります。
そのためには、自分の悪いところも認めなくてはいけません。良いところも悪いところも含めて認めることで、自分を好きになることができます。
なので、「自分の弱点を知る」で紹介したように、自分の弱点や欠点は長所に言い換えるようにしましょう。

④「問題」じゃなく、「解決」にフォーカスする
ネガティブな考え方に捉われている人は、問題そのものに意識が向いています。
「なんでこうなってしまったんだろう?」「あのとき、こうしていれば・・」という、後悔ばかり考えてしまいがちです。
これだと、いつまでもマイナス思考から抜け出せません。
そうではなくて、解決型の思考をするようにしてください。
「どうすれば、これを解決できるのか?」といった考え方ができれば、自然とポジティブな考え方が出来るようになります。
仕事でミスをしてしまったのであれば、「どうやって挽回しようか」「どうすれば同じミスをしないか」といった考え方をしてみましょう。

⑤前向きな発想をする
ネガティブな思想が習慣化すると、不安や緊張をしやすくなってしまいます。なので、日頃から前向きな発想が出来るように、意識をする必要があります。
たとえば、仕事での商談の前に「失敗したらどうしよう」と考えるのではなくて、「絶対に契約を取る」という気持ちで臨みます。
そうすることで、気持ちが前に向きますから、不安を解消することにも繋がります。実際に、結果も変わってくるはずなので、これは意識するようにしましょう。

⑥自分がちっぽけな存在だと知る
自分が思っている以上に、自分自身は小さな存在です。
街を歩いたって見向きもされませんし、失敗したとしても気にも留められません。
そもそも、存在自体が小さなものなんです。
なので、ネガティブに考えても仕方がないんですね。
自意識過剰になって消極的になるのではなく、積極的に考えてみましょう。自分が小さな存在だと認識できれば、自然とリラックスして行動できるようになるはずです。

⑦成功したかのように思い込む
頭の中のマイナス思考を払拭するために、ポジティブな思考で埋め尽くします。具体的には、「絶対にできる」「必ず成功する」といったイメージを、頭の中で膨らませます。
この時に、視覚的なイメージを作ると効果的です。自分自身が成功した映像を、頭の中でイメージしてみてください。そうすることで、プラスの感情がどんどん溢れてくるようになります。
プロのアスリートの人たちも、試合前に自分の成功をイメージするそうです。そうすることで、自分の力を鼓舞して最高のパフォーマンスを出すことができるわけですね。できる限り具体的なイメージを、頭の中で膨らませるようにしてください。

⑧プラスの言葉を発する
プラス思考の言葉を、実際に口に出してみることも大切です。「大丈夫」とか「できる」とか、言葉に出して、自分に言い聞かせてみましょう。そうすることで、ポジティブな思考が頭の中に生まれるようになります。繰り返し何度も言うことがすごく大切です。
ポジティブな人を観察してみると、前向きな言葉が多いことに気付くはずです。
言霊といわれますが、言葉には魂が宿っています。なので、意識的にプラスの言葉を口に出すようにしてください。
毎日の言葉遣いを変えることで、ポジティブシンキングができるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鉛筆の濃さの単位って何?

鉛筆の芯にはF、B、Hなどのアルファベットや数字があって、 色々と種類がありますが、どんな意味があって、どう…

鮮やかな紅葉を見に行こう!関西の人気スポット3選

紅葉の季節がやってきました。今回は関西の人気スポットをご紹介します。個人的には京都のイメージがありましたが、…

3P3B Ltd. 15th Anniversary-3P3B MEETING “A…

20代前半の青春をもう一度!moshしたくなる熱い心をもう一度! 3P3B MEETING 新代田にあるラ…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、