今週日曜日に中山競馬場にて行われる有馬記念の話題で一杯ですね。競馬をやっていない方でも知っているキタサンブラックのラストランともなれば、それは話題になりますし、どこのチャンネルもキタサンブラックの話題は必ず触れているほど。しかし、我々競馬ファンはキタサンブラックだけではなく、マイル界を引率して来た名馬の引退も見逃せません。それが、今週土曜日に阪神競馬場にて行われう阪神カップを最後の舞台に選んだイスラボニータです。スプリンターもマイラーもごちゃ混ぜといった当レース。彼の勇姿が今後見ることができないとなると非常に淋しいの一言しっかりと目に焼き付けておきたいと思います。頑張れ、イスラボニータ!有終の美を飾ってください。

アドマイヤゴッド
アポロノシンザン
イスラボニータ
エポワス
オールザゴー
キャンベルジュニア
サングレーザー
サンライズメジャー
シャイニングレイ
シュウジ
タガノブルグ
ダンスディレクター
トウショウピスト
ビップライブリー
ミスエルテ
ムーンクレスト
モーニン
モズアスコット
レーヌミノル

以上、17頭の出走予定馬です。

旋風を巻き起こすのは!?モズアスコット

イスラボニータがラストラン!だからと言って本命とはそれはまた違った話でしょうか。今回のイスラボニータのラストランで印籠を引き渡すというにであれば、3歳馬のフランケル産駒モズアスコットかなと思っています。3歳未勝利ではなかなか結果が出ずに、ようやく勝てたと思えば、そこから怒涛の4連勝中。ここに来てフランケルの血が騒ぎhじめているのかも知れません。その勝ち方もエグい感じで、1着をとったレースでは2着以下に大差をつけています。早いペースになっても遅いペースになっても、しっかりと瞬時に反応するその瞬発力と、トップスピードの質は、現在のマイル界でも筆頭に挙げられる存在になるのかなといったところです。脚質は差しになりますが、まだまだ底を見せていないどころか成長途中といったところで、先行になっても問題なく基礎スピード面でカバーできるかなと。イスラボニータには少し申し訳ないが、おそらくレースの主役はモズアスコットとなる可能性があるのかなと思っています。イスラボニータvs3歳馬といった対決といっても良い今回の阪神カップになりそうです。

上がり勝負なら負けていない!?サングレーザー

モズアスコットと同じく3歳世代。今年の3歳牡馬は谷間の世代と揶揄されて来ましたが、やはりこうやってみてみると、レベルが実は高かったという印象です。ちなみにサングレーザーはモズアスコットとは違い、2歳新馬でサトノアレスにも勝ち、順当にホープフルステークスの舞台にも登場。まあ、サングレーザーにとって2000mは不適正な距離なので惨敗であったのは言うまでもないのですが、その後はオープンでコツコツと経験を積んで迎えたスワンステークスでは、レッツゴードンキやカラクレナイ、キャンベルジュニアやセイウンコウセイなど古馬を含む同期も、まとめてやっつけたといったレベルの持ち主に成長。マイルCSでもイスラボニータやレッドファルクス、サトノアラジンよりも先着しており、上がり3Fはメンバーno.1のラップでフィニッシュしています。今回のレースにおいてはスプリンターも多く混ざるので、スローからのトップスピード戦とはいかない様子。逆に、基礎スピード面を問われる可能性が非常に強いので、その辺を福永騎手がどうやって乗りこなすのか?というのも見ものです。レースの流れ次第では同期牝馬のレーヌミノルなど基礎スピード面を活かしてくる馬も厄介なところ。仕掛けのタイミングをしっかり見極めないと置いてけぼりになる可能性も秘めている一頭かなと感じています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

第58回宝塚記念ファン投票!最終結果!

第58回宝塚記念のファン投票結果発表が出ました。先日の安田記念で快走したロゴタイプも急浮上。結果はいかに!?

新潟記念はタツゴウゲキ!サマー2000シリーズ王者に決定!

ことしのサマー2000シリーズはタツゴウゲキが王者に決定!残すはサマースプリントとマイル。

桜前線に乗れる馬は?今週末はチューリップ賞

昨年の勝ち鞍はソウルスターリング。今年は?

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。