ディフェンディングチャンピオンのサトノダイヤモンは回避決定

今年も残りわずかですね。残りわずかといったらキタサンブラック観れるレースも残り1レースのみ。有馬記念を最後に引退することが決まっているキタサンブラックですが、今年の有馬記念は例年にはなくとても寂しいメンツとなりそうです。中間発表は以下のとおりになっています。
キタサンブラック
サトノダイヤモン
サトノクラウン
レイデオロ
キセキ
ソウルスターリング
マカヒキ
ミッキークイーン
シュヴァルグラン
ゴールドアクター
モズカッチャン
リアルスティール
レインボーライン
シャケトラ
ヤマカツエース
アルアイン
スワーヴリチャード
サウンズオブアース
ヴィブロス
ルージュバック
などなど、今年後半に活躍して一気に名が知れわたり、ファン投票も伸びた馬も多くいます。距離適性考えたら、んー、この馬は出走しないだろうな!的な馬が数頭いますが。
まあ、このメンバーがそのままゲートインしてスタートしたら、それこそ本当にグランプリレースと言ったところでしょうが、そうはいかないのが有馬記念といったところでしょうか。この時点で、既に数頭の出走回避が決まっており、はやくも陣営は来年のレースを見据えているようす。その中の一頭は、昨年のグランプリホースのサトノダイヤモン。凱旋門で大敗してからというもの、走る気力がなくなってしまったというのを小耳にした感じです。まさか、このまま引退?ならなければ良いのですが、とにかくディフェンディングチャンピオンは不在となるようです。キタサンブラックとしては、昨年のリベンジを同じコース、同じ舞台で果たしたかったでしょうが、どうもその夢は叶いそうになさそうですね。

有馬記念ラストラン

有馬記念といえば、1年の締めくくりといった感じで、その年最後の大一番として認識している競馬ファンは大勢いるはず。その夢舞台を最後として引退していく馬も多いのも有名です。
昨年でいえば女王マリアライトもその一頭。結果は10着でも、十分にファン魅了してくれたラストランでした。その後の引退式は涙涙で、思い出させるのは宝塚記念でドゥラメンテとキタサンブラックを蹴散らしての1着ゴール。強い馬だからこそ有馬記念を最後に引退できるということの証明でしょうか。そのほかにも、オグリキャップやトウカイテイオー、ダイワスカーレットにジェンティルドンナ、ディープインパクトにオルフェーヴルなど、その時代の代名詞的存在の名馬たちがこのレースを最期に引退していきました。
そして今挙げた名馬たちはラストランで有終の美を飾去っていった感じです。今年は小粒揃いとなりそうな有馬記念。その中でキタサンブラックはどのような走りを見せてくれるのでしょうか?

ライバル不在?サトノクラウンは?

今のところは出走濃厚の様子です。キタサンブラックとサトノクラウンの戦いは、古馬になってからの方が熱戦を繰り広げてくれているような気がします。ライバルとしてはリアルスティールも同世代でそうかもしれませんが、実は菊花賞以来、キタサンブラックの前を走れていないのが実情。一方、サトノクラウンはダービーでは3着と5歳馬世代の筆頭にも挙げられたものの菊花賞は回避し、距離適性を選びキタサンブラックとは違う路線へといった感じでした。そして両者が再び合間見えたのが大阪杯。この時はキタサンブラックが圧勝。その後の宝塚記念ではサトノクラウンが圧勝。そして今年の天皇賞秋では、武豊騎手の神騎乗があったこともありキタサンブラックがなんとか前を渡さずに勝ったかんじで、まさにここに来てサトノクラウンとキタサンブラックの両者の戦いが激化している感じです。
そしてついに決着をつけようと、舞台は有馬記念へ。
レース後は泣いているんだろうな!って今から思う私であります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

小倉はオレの庭!?今年の小倉大賞典

またもや新星が現る。せん馬4歳トリオンフに注目です。

後ろから隙を狙う!?差し馬の特性って?

馬の特性を知れば更に競馬が楽しくなりますよ。 今回は、差し馬編のご紹介です。

突き抜けた直線でセントライト記念制覇!ミッキースワロー

菊花賞の出走優先権をかけての第1戦・セントライト記念が発走されました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。