スケートでダイエット?

冬になると各地でアイススケートリンクが期間限定でオープンし、子供から大人まで楽しめるウィンタースポーツのスケート。
デートスポットとしても手を繋ぎながら楽しめるのがまた良いですね。
実は消費カロリーが高くスタイルアップも期待できます

スケートがダイエットに良い理由

楽しんで滑っていると時間はあっという間に過ぎていくウィンタースポーツですが、スケートの消費カロリーはなんとランニングと同等で7METs(安静時の7倍の代謝。「METs(メッツ)」は安静時の何倍の代謝かを表す単位)なんだとか。有酸素運動なので体脂肪が燃焼されて下半身の引き締めにも効果的と言われています。
さらに、さらに寒い環境も脂肪の燃焼を促すそうです。
研究によると、震えるほどの寒さを10分経験すると1時間エクササイズしたのと同じ脂肪燃焼効果が得られるんだとか。
なのでダイエットしたい方にもオススメできるスポーツといえます。

スケートの滑り方

初心者でも安心の基本姿勢は、まず足で「逆ハの字」を作るイメージで立ちます。
かかとをつけてつま先を開き、ひざを軽く曲げます。歩く時もつま先を開いたままひざを軽く曲げて、小さい歩幅で進みましょう。
滑る時の基本姿勢は、お尻が後ろに出ないようにひざを軽く曲げて、上半身はリラックスして。スムーズに滑るポイントは、左右の足に体重移動をすること。体重を乗せる足の真上におへそを移動させるようなイメージで滑ると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ショートケーキのシーズン!美味しいものにはカロリーがついてくる

クリスマスと言ったらケーキ。カロリーが気になりません?

ツナ缶でお腹いっぱいにしてみよう1

代替えダイエットシリーズになるのかな。代替えでなくメインを張れそうなツナ缶です。

筋トレとストレッチってどっちが痩せる?

筋トレとストレッチどっちをやればいいの?痩せるためには何が大切なの?そんな疑問を解消しましょう。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、