いよいよ今年の競馬も佳境となっており、先週のジャパンカップで今年の重賞レースにおける東京競馬場の開催も終了。今週から関東では中山競馬場へと舞台が変わります。そして今週末はステイヤー王者決定戦のステイヤーズステークスが中山競馬場にて開催されます。
スプリンター、マイル、女王、中距離と全ての王者、女王が決定している今年の競走馬ですが、今週末で今年の長距離王も決定ということになります。昨年はアルバート、そして一昨年もアルバートと、現在2連覇中のアルバートは今年も堂々と出走予定。3連覇なるかといったところです。


アルバート
カムフィー
グランアマルダ
サイモントルナーレ
シホウ
シルクドリーマー
デルマサリーチャン
フェイムゲーム
プレストウィック
プロレタリアウト

以上、10頭の出走予定馬です。

ハーツクライ産駒勢いそのままに!フェイムゲーム

先週の土日に行われた重賞レースではハーツクライ産駒が大暴れといったところで活躍し優勝を決めています。まぅ東スポ2歳ステークスではグレイルとタイムフライヤーのハーツクライ産駒のワンツーフィニッシュ。そしてなんと言ってもジャパンカップでシュヴァルグランがレイデオロやキタサンブラック、マカヒキなどを制して悲願のG1制覇を成し遂げています。その勢いそのままにハーツクライの血が今週末も大暴れ出来るかと言ったところでしょうか。
今回のハーツクライ産駒からはフェイムゲームとプロレタリアウトの二頭が出走予定。ハーツクライと言ったら飛ぶ馬と称され最強誇っていたディープインパクトに、有馬記念で勝った馬。種牡馬になってからはジャスタウェイ、ワンアンドオンリー、カレンミロティックなどの名馬を産出しています。期待高まっているリスグラシューもハーツクライ産駒です。
話しは戻し、フェイムゲームとプロレタリアウトのうち、期待大なのがフェイムゲーム。行ってみればステイヤーの中で絶対王者的存在はアルバート。そのアルバートを仮にディープインパクトに見立てて、ハーツクライ産駒のフェイムゲームがアルバート(ディープインパクト)に勝つなんて想像するだけでも、あの興奮が蘇ってきますね。しかも騎手は先週のシュヴァルグランに騎乗していたボウマン騎手。ボウマン騎手としては同じ産駒の馬ということで乗りやすいと行ったところでしょうか。
フェイムゲームの今年の戦績は1-0-0-2で目黒記念で勝利しています。日本ダービー後のレースだったこともあり、迫力と仕掛けのタイミングなども流石に古馬戦だなと唸らせるレース展開の中で、絶好調だったルメール騎手の手腕もあったにせよ見事に反応して優勝したレース内容でした。ただ、ステイヤー戦のダイヤモンドステークスでは北村騎手であったにせよアルバート相手に惨敗しているのが実情です。今年のメンバー内では2番人気が妥当なところ。父ハーツクライのように絶対王者を蹴散らす事が出来るのかが見ものです。

絶対王者君臨か?アルバート

2連覇中どころか、今年のダイヤモンドステークスも勝利しており、正に人間でいうところのフルマラソンの王者といった感じなのがアルバートでしょうか。天皇賞春の3200mでも短いと行ったところで、3400mからが本領発揮するアルバート。今年の天皇賞春はキタサンブラックがレースレコードを塗り替えた完璧ば走りを見せてしまったということで、シュヴァルグランもサトノダイヤモンドも太刀打ちできなかった感じですが、それでもアルバートは頑張り5着といった結果で、ゴールドアクターやディーマジェスティ、ワンアンドオンリーなどのG1馬を圧倒した走りを見せてくれています。ここ最近の2戦はアルゼンチン共和国杯の4着、オールカマーの7着と負けてはいるものの、内容自体は悪くなく、ただ単に距離が短いだけといったところ。ダイヤモンドステークスの3400mでも上がり3Fは33.4とずば抜けたスピードで前にいた馬を一蹴といった強さは健在です。今年のステイヤーズステークスも間違いなく大本命といったところでしょうか。ただ馬券としてはつまらないものになるでしょうから、わざと外して大穴というのが魅力的ではありますが・・・。まあ、間違いなく複勝率は100%でしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

日本ダービー馬レイデオロが重賞連覇!神戸新聞杯

やはりスローとなってしまった神戸新聞杯。レイデオロが重賞連覇で堂々ジャパンカップへ。ルメール騎手も凱旋門賞へ…

歴代最強馬!?ディープインパクト産駒の活躍に注目!

サトノダイヤモンド、マカヒキ、ミッキークイーン、アルアイン。なんとも頼もしい子達が活躍中。

函館記結果!初重賞制覇ルミナスウォリアー

今回の函館記念の見どころは逃げ馬の戦いでした。自分の持ち味を発揮したヤマカツライデン、中団からに策を変えたス…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。