腰痛に苦しんでいませんか?

現代人の悩みの一つ、腰痛。
座っていても苦痛、立っていても苦痛。そんな時ありませんか?
腰痛が楽になってくれたらな〜と私も常日頃思っています。
そもそも腰痛はどのようにして起こるのでしょうか。
腰は腰椎と言われる5つの骨が積み重なっており、姿勢、生活習慣でその腰椎に負担がかかり、腰痛が発症すると言われています。
主に、長時間同じ姿勢だったり、運動不足、肥満、ストレスなどでも腰痛を患ってしまう可能性があります。
慢性的な腰痛を抱えている方は、運動をしていない方に多く、体を動かさないでいるとストレス状態になり、そのストレスが、脳が腰の痛みを抑制する組織を機能することができなくなり、慢性的に腰痛が続いてしまうと言われています。
腰痛には運動やマッサージが大事です。しかし、マッサージでは、腰の痛みを緩和させるために腰周辺のマッサージをしがちになってしまいます。
一体どの部位をマッサージ、ストレッチしたら腰痛は改善されるのでしょうか。
その答えは「ハムストリングス」にあります。

「ハムストリング」とは?

「ハムストリングス」とは、人間の下肢後面を作る筋肉の総称。
簡単にいうと、ももの裏の部分のことを言います。
ハムストリングスは鍛えることが難しい部位で、筋肉も固まりやすくなってしまいます。それにより、伸ばすことが難しくなり、骨盤の動きを妨害してしまうのです。これにより、骨盤の代わりに腰椎が動いてしまうため、腰椎に負担がかかってしまい、腰痛が発症すると言われています。
この「ハムストリングス」をマッサージ、ストレッチによって柔らかくすることにより、腰痛改善の効果があります。
それでは「ハムストリングス」ストレッチ方法を紹介していきたいと思います。

「ハムストリング」のストレッチ方法

それではハムストリングスのストレッチ方法を紹介していきます。
①まず片足を前に出し、もう片方の膝を軽く曲げます。

②足を地面につけその体制のまま、体を前に倒します。
※この際、腰を曲げず、お尻を突き出しながら体を前に倒すと効果的です。

③前に出している足のつま先を上にあげます。
※かかとはつけたままです。わからない方は上の写真のポーズを参考にして見てください。

④その体制を30秒間キープ。
※強い痛みを感じる場合は無理しないように。これを交互に行います。

⑤これを1日3〜5セット行うと効果的と言われています。

息はゆっくり吐いて行うといいです。また、痛みを無理して行うと筋肉を傷めてしまう可能性があるので、無理をせず、痛みが我慢できる範囲で行なってください。
個人差がありますので、このストレッチで絶対効果があるということは言えませんが、このストレッチを行うことにより、ハムストリングスを柔らかくする効果はあります。

気になる方は是非今日から実践してみてはいかがでしょうか。
あなたの腰痛が良くなりますように。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

紫外線に注意しよう

夏は紫外線が強くなりますよね。

足湯は侮れません

気軽に入れる足湯は実は凄いんです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。