先週金曜日の文化の日には、年末に開催される予定の2歳牝馬女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦・ファンタジーステークスが開催されました。
昨年は怪物フランケルの娘のミスエルテがこのファンタジーステークスで今年の秋華賞馬ディアドラにも快勝し、本線のファンタジーステークスへ。結果は4着も見応えあるレースをしています。どちらにせよ、今回出走し好走したメンバーは、阪神ジュベナイルフィリーズ以降、3歳牝馬クラシック戦線にも繋がっていくこのレースは無視できない存在と言えるでしょう。

見事な差し抜きで重賞制覇!ベルーガ

まさにキンシャサ産駒といった走りは、前走の新馬戦同様に、見事な差し脚だったのかなと感じました。ファンタジーステークスの距離は1400mですが、後半のキレからいったらマイルや1800mくらいまでは楽しみな感じ走りっぷりだったのかなとも思っています。
スタート自体はそこまで良くなく、後ろに置かれながらの道中となってしまいますが、ペースが一息ついた中でも特に動きはなし。3〜4コーナーでも外外でロスをしながら直線もまったくキレを感じず促されていましたが、ラスト200mを切ってからのエンジン点火後は圧巻。まとめて差し、粘るコーディエライトに半馬身の差で勝利。見事に重傷初制覇成し遂げた瞬間でした。今回のベルーガの走りで思ったのは、基礎スピード面はまだわかりませんが、トップスピードの質と、それを持続する持久力は兼ね備えていそうといったところが確信になったといったところでしょう。

最序盤は良かったもののお!コーディエライト

今回のファンタジーステークスにおいて、個人的には本命視していた競走馬のコーディエライト。狙い目としては馬場状態によるもので、発表は良馬場ではあったものの、ここ最近の狂ったように降り続いていた雨の影響で、良馬場でも稍重に近い状態であったと思ったからですが、その読みが今となっては良かったのか悪かったのかも微妙なところです。
スタート自体はまずまず、そこから二の足は良く楽にハナを取りペースダウンした最序盤で、ここまではほぼ想定内で完璧な状態。言ってみれば、この時点で連対はするであろうとも感じていました。しかしペースダウンしたもののペースの引き上げ自体は悪かったようで、もう少し縦長となる展開を予想していましたが、バラけることなく、団子なった状態で直線。こうなると差し脚軍団もあしを溜めているのは間違いなく、リードを守りきれるかどうかといったところ。最後はスズカフェラリー、アマルフィコーストが詰め寄ってきたがなんとか踏ん張ったものの、ベルーガが外からマクリ惜負といった内容でした。
個人的にはペースダウンしたまでは良かったものの、もう少しペースの上げ下げが上手なのかなと思っており、このままではヤマカツグレースレベル?といった印象で終わっています。次走に注目といったところでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

気が強い!?逃げ馬の特性って?

馬の特性を知れば更に競馬が楽しくなりますよ。 今回は、逃げ馬編のご紹介です。

何故に引退!?ライバルと同じ時期に去って行った競走馬!シンハライト他

2人(頭)のライバルが同時期に引退。余りにも早すぎる引退で、その当時はとても残念でなりませんでした。

今週日曜は東京競馬場へ!日本ダービー!第2弾

遂にこの時期が到来!3歳王者決定戦・日本ダービーが今週日曜日 東京競馬場にて開催です!

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。