改めて注目されている「パイナップル」

パイナップルと言えば、知らない人はいないでしょう。フルーツとしてはもちろん、中華料理の酢豚など食材としても用いられる果物です。

栄養素を豊富に含み、たくさんの嬉しい効能や効果が期待できる「パイナップル」は、カロリーが低いことでも人気で、最近は酵素の含有量が高いことで、ダイエット効果や美容、美肌などの効果にも注目されています。

「パイナップル」にはビタミンC、マンガン、銅、ビタミンB1、食物繊維、ビタミンB6、カリウム、パントテン酸、マグネシウム、葉酸など幅広い栄養素が含まれ、カロリー量も100g辺り50kcal程度と低カロリー。含有水分量が85%と非常に高くて水分豊富な果物特有の特徴を持っています。また、アミノ酸類も幅広く含むので、非常に栄養バランスの良い果実です。

「パイナップル」の酵素が持つダイエット効果!

パイナップルのダイエット効果が注目を浴びているのは、「ブロメライン」という酵素を含んでいるということが理由で、この「ブロメライン」は、消化酵素の中でも非常に強力な“たんぱく質分解酵素”です。パイナップルを食べると、舌がピリピリするという人もいると思いますが、これがまさに、分解酵素が働いている証拠なんだそうです。

お肉などのたんぱく質をこの酵素が分解することにより、栄養源として吸収し、筋肉量や血液量を増やします。結果として、基礎代謝力が向上することで、ダイエットにつながるそうです。

ちなみに、酢豚に入っているパイナップルは賛否両論ありますが、パイナップルの酵素によって、お肉が柔らかくなる効果や、消化吸収に良い効果があるそうです。

「パイナップル」の酵素が、がん予防にも効果的?!

そして前述の「ブロメライン」が、特定の種類の悪性腫瘍に関係した病気を治療する作用や、抗がん作用を持っているということで話題になっています。

癌細胞はタンパク質の膜に覆われていて、このタンパク質の膜が取れれば、免疫細胞である白血球が癌細胞に攻撃し殺す事ができるそうです。逆に、このタンパク質の膜を通過できないと、白血球は攻撃が出来ないため、癌細胞は増殖を続けてしまうそうです。

しかし、このタンパク質の膜を酵素は通過することが出来るそうです。そしてパイナップルの「ブロメライン」には、他の健康な細胞には全く影響を与えずに、癌細胞だけに攻撃するという素晴らしい性質を持っています。この健康な細胞と癌細胞の区別ができる性質は、自然界に存在する物質にしかない特殊な性質で、どんな抗ガン剤や優秀な化学治療も真似る事はできないようです。これは注目されるわけですね。これを知ったら、積極的にパイナップルを買いたくなってきました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

かぼちゃ

かぼちゃが夏野菜⁉︎

日本各地のご当地ラーメン(西日本編)

日本各地にあるご当地ラーメンご紹介シリーズ第三弾です

日本各地のご当地鍋

3月に入り、だんだん春らしくなってはきましたが、まだまだ寒残りますので、鍋も食べたいですね。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。