お酒に弱くなる=肝臓が原因ではないようです

最近歳をとったからか、お酒に弱くなった。
そんな方って結構いらっしゃるのではないでしょうか?
そこで皆さんがよくイメージされるのが、「肝臓がなんか具合がわるくなっているのかな?」っと思うと思います。
しかし、お医者さんがいうには、中年までは肝臓が原因でお酒が弱くなるということは稀という話があります。
肝機能が低下してくるのは60歳以降の話で、30~50代は直接的な肝臓が原因という事例は少ないようです。
では本当の原因はなにか?

胃の機能低下

アルコールは胃での吸収が約20%、腸での吸収が約80%といわれています。
その中でも、胃で吸収される20%のアルコールの一部を実は胃でも分解しているといわれています。
つまり、アルコールは肝臓+胃で分解されているということです。
 
そこで重要なのは、胃の機能低下がアルコール分解機能を低下させているということです。
年齢と共に胃の粘液が薄く弱くなっていると、アルコール分解酵素の量も少なくなって、血中アルコール濃度が高くなってしまい、結果として酔っぱらうということです。
 
胃痛、胸やけなど、胃の不快感がある方などは特に、胃の状態をしっかり確認する必要があるようです。
また、胃が空っぽの状態ですと、アルコールの吸収速度が速くなります。
胃に何か食べ物があった方が吸収が緩やかになりますから、すきっ腹にお酒はいれないようにしましょう。

疲労や水分不足から

アルコールの吸収率は、体調によってもかなり違いが出てきます。
過度の睡眠不足や疲れがひどいときはアルコールの吸収がとても早くなるといわれています。
水分不足でのどが渇いている場合でも早くなります。
 
仕事帰りに疲れていて、のどが渇いた状態で冷たいビールを流し込む!
 
至福のときとも言える瞬間ですが、実はこの行為、アルコールの吸収がとても早くなっています。
 
一杯目はいいかもしれませんが、立て続けに飲むのはよくありません。
自分の体調とよく相談して飲み方を変えなければなりません。

酔いつぶれないための対策

【飲み会の前に乳製品を飲んで胃を保護】
先ほどもあったように、アルコールの吸収の2割が胃でされて、分解も一部しています。
その胃の粘液が弱っているとその働きが弱くなります。
しっかり胃をいたわるために、飲み会の前に乳製品を飲んでおくと胃粘液を保護してくれるといわれています。
一時の対処法ですが、実践している人が多くいます。
是非試してみてはいかがでしょうか。
【お酒を飲む前に必ず胃に食べ物を入れておく】
これも上記と似た対応です。
すきっ腹にアルコールは吸収を早めます。
胃に食べ物があれば、アルコール吸収速度が遅くなります。
コンビニのおにぎりなど軽く食べてから飲み会にいくのがいいでしょう。
【寝不足のまま行かない】
疲れや寝不足による体調がすぐれない場合は、とてもアルコールの吸収が早くなります。
年齢を重ねるごとに、仕事の責任も増え、忙しさが増し、ストレスなどで睡眠不足という悪循環の場合が多いです。
しかし、飲み会の前くらいは早めに眠ってしっかり疲れを取ってから飲み会に行きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。