あんこでダイエット!?

ダイエットをしている人にとって、甘いデザートを食べるのなんて、もってのほか!
当然甘いものを断つものだと思っているでしょう。
しかし、甘いものの定番あんこが実はダイエットに適していたんです!
小豆の主な成分は、ダイエット中に摂取すると良いと言われている良質なタンパク質です。他にもポリフェノールやサポニン、食物繊維やミネラル、ビタミンなど栄養素が豊富に含まれています。ダイエット中に不足しがちな鉄分も豊富なので、
女性にとって嬉しいダイエットフードなんです。
小豆の注目すべきポイントは「ポリフェノール」と「サポニン」
です。血液をサラサラにする作用があると言われているポリフェノール。小豆には、
赤ワインの約2倍ものポリフェノールが含まれているんです。また、サポニンはアンチエイジングやダイエットに効果的な栄養素です。

実は低カロリー

なんと言っても、あんこは低カロリーでヘルシーです。
もちろん食べ過ぎには注意ですが、
洋菓子やスナック菓子に比べるとカロリーは低めです。
ダイエット中に避けている砂糖も、
小豆のアミノ酸と結びつくことで便秘解消や老化予防に良いメラノイジンに変化します。
ちなみに、食品成分表で表示される「こしあん」は砂糖が入っていないもの。「つぶしあん」は砂糖が入っているものになります。つぶしあんの120gあたりのカロリーは293kcalですので、カロリーの計算などを行う時に参考にしてみてください。

その他にも様々な効果を与えます

【糖質をエネルギーに変化】
あんこに含まれる「ビタミンB1」には糖質をエネルギーに変える作用があります。また、脂肪を燃焼し太りにくい身体を作る「ビタミンB2」も含まれているので、代謝アップの手助けをしてくれます。

【むくみ解消】
小豆の皮に含まれる「サポニン」の利尿作用と、「カリウム」の老廃物を体外へ排出する作用によって、全身のむくみを解消する効果が期待できます。

【食物繊維で便秘改善】
あんこには便秘を改善する効果のある食物繊維が多く含まれています。食物繊維の便秘改善効果を高めるには、水分を一緒に摂ることが大切です。
冷たいものはお腹を壊してしまう可能性があるため、温かい飲み物がオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

お腹の調子を整える!寒天の効果とは?

寒天ゼリーは美味しくてとってヘルシー大好きです。

食材に漬け込むだけ!塩麹の効果とは?

食べてもより美味しくなります。

似てる?全然違う「たこ焼き」と「明石焼」

たこ焼きと明石焼、以前の私は肉まんと豚まんの呼び名の違い程度だと思っていました。しかし、二つは似てるけど、全…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、