多くの方が使うマシンエリア

こんにちは。今回もスポーツクラブのマナーシリーズにようこそ。慣れて来たからこそ遭遇してしまう失敗、受けた迷惑や不快感も出て来たかもしれません。でも慣れ始めの皆さんにとって1番楽しい、やりがいのある時だからこそ一緒に今回は上級者から本日ご入会の方まで幅広く、そして1番利用者の多いマシンエリアのマナーについて元フィットネスインストラクター、トレーナーの私と一緒におさらいしましょう。皆さんにはさらなる楽しさや、長く生活の一部としてスポーツクラブに通って欲しいのです。元インストラクター、トレーナーでも資格や技術は永遠でが一旦離れてるので私自身もも再確認ですね。またいつか現場でお会いするかもしれません。その時は一緒に快適なトレーニングや理想の身体を一緒に目指しましょうね。自称伝説のトレーナーなのであくまでかもですが(笑)

悪気はないけど

マシンジムエリアでのマナーは前回お話したフリーウェイトエリアとほぼ同じです。長時間占拠せず、インターバルや汗を拭く等で大丈夫ですが落とし穴なのが悪気の無い占領です。マシンは椅子状なのでインターバル中についつい気が緩んでしまいがちです。ホッとしている状況もクレームになりやすいので気をつけたり、セット毎に交代したり譲り合いの気持ちで行きましょう。慣れてらっしゃる方はイラっとしてしまうかもしれません。そんな時は静かに優しくマナーやルールを教えて上げて下さいね。あと忘れがちなのがウェイトを設定するピンを戻すこと。初心者の方の事も考慮し1番上に戻しましておきましょう。フリーウェイトでもやってしまう方もいるのですが、並行して2つ以上のマシンを使用する方がいます。あるあるネタですがいけません。あくまでマシンの数は1人台と考えましょう。

最後に

実際にスポーツクラブに通ってトレーニングしてるうちにマナー違反で思うように使用できないという経験があったかもしれません。上級者から初めての方までみんなが快適にトレーニング出来る環境って素敵ですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

脇役だってすごいんです!

今や専門店もあったりしますが、パクチーって苦手な人も多いですよね。でもパクチーって実は豊富な栄養素でデトック…

2018年、成人の日。20年前はどんな年だった?

1月8日は「成人の日」でした。新成人が生まれた20年前の1998年はこんな年でした。

春を感じるこの季節!日光に行こう!

腰痛持ちの私にとって温泉はありがたい存在!ノンビリとボケ〜っとしながら温泉にでも浸かりたいですね。ー

1家族一回限りの無料サンプル請求