現在の牛丼屋

読んでくれてる女性の方は牛丼屋デビューをした事はありますか?いまや国民食といっても過言ではないかもしれない牛丼屋。現在は何処でも見かけるほど店舗数も多く気軽に食べることができる牛丼ですが、やはりお店の中の男性率は高いです。さすがに女性一人では入る勇気がなくて、食べたことがないという方もいるかもしれません。女性同士がが集まるとカフェやレストランでの食事になる為牛丼屋に行く機会はなかなかないかもしれません。行ってみたいとは思うけれど、きっかけがないという方もいらっしゃるかのしれません。今までは牛丼屋は女性が一人では入りにくいイメージがありました。しかし最近では女性が入りやすいように、店内が明るく綺麗だったり、女性向けのメニューやヘルシーなメニュー、サイズも豊富になってきました。テレビCMも流れてます。一度入ってみると癖になってしまうかも。

メリットと気をつける事

ご飯にお肉が盛られた牛丼は太りやすいイメージがあるかもしれませんがご飯に含まれる糖質、牛肉に含まれる脂質やたんぱく質は生活の為に必要不可欠な三大栄養素です。ダイエットには糖や脂を控える必要はありますがバランスよく摂取すれば、栄養素は体内で効率よく燃やせま す。牛丼は煮て調理する為牛肉の余分な脂質が落ち、良質なたんぱく質がとれます。鉄分や亜鉛など、新陳代謝を高める栄養素もあり脂肪を燃やすL-カルニチンもとれます。
牛肉、玉ねぎ等身体には必要ですがその反面カロリーや脂質もとってしまいます。牛丼の並盛のカロリーは約650Kcalで脂質は約21g。女性の一日の摂取カロリーは約1,800kcalと言われてますので牛丼一杯で3分の1以上のカロリーをとってしまいます。ミニサイズもあるところもありますしサラダも一緒に頼んだりバランス良く食べる事をオススメします。

最後に

さあ、後は入るだけ。女性のみなさん、牛丼屋に行ってみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

機関車トーマスの主題歌が気になる!? 四角い仲間〜のキャラクター

機関車トーマスはウチの娘にも大人気なキャラクターがたくさんいます。トーマスタウンに行けばテンションマックスで…

ロナウドもパンツ一丁で!海外で話題の『マネキンチャレンジ』集

マネキンのように動かず、ストップモーションのような状態の動画をSNS上に投稿する『マネキンチャレンジ』が海外…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square