ベイスターズ 13-3 広島カープ

ベイスターズ 13-3 広島カープ

勝: 石田健大 (4勝4敗)
負: 高橋樹也 (0勝1敗)

久しぶりの大敗でしたね。逆に清々しいです。
今シーズン初先発の高橋樹也選手。マジック点灯がかかる試合でしたが、ちょっと意識し過ぎた印象でしたね。やはりエラーは試合展開を左右しますね。
初回、広島カープは先頭打者の田中広輔選手がヒットで出塁すると、続き菊池涼介選手がレフトへタイムリー2ベースヒットを放ち1,2番コンビで幸先よく先制点を挙げると、1アウト後、鈴木誠也選手に2ランホームランが飛び出し、今シーズン初先発の高橋樹也選手に3点をプレゼントしました。
しかし2回のベイスターズの攻撃。初回は三者凡退に抑えた高橋樹也選手でしたが、1アウト後、宮崎選手に2ベースを打たれると、安部友裕選手が嶺井選手打球をファンブルし1アウト1,2塁のチャンスに。続く梶谷選手をフォアボールで歩かせてしまい、2アウト後、倉本選手にタイムリーを打たれ1点を献上すると、続く桑原選手に満塁ホームランを打たれこの回5失点で逆転を許してしまいました。安部選手のエラー非常にもったいなく、大量失点に絡んでしまうエラーとなってしまいました。
その後、広島打線は、ベイスターズ先発の石田選手から得点を奪うことができず、逆に4回に3点、6回に4点、8回に1点を奪われ、終わってみれば3-13の大敗を喫してしまいました。
今シーズン初先発の高橋樹也選手は4回を投げて7安打8失点の大乱調。続くヘーゲンズ選手も2回を4失点、佐藤選手も2回を1失点とこの試合登板した全投手が失点をしてしまいました。
これで引き分けを挟んで2連敗。今シーズンもやはりベイスターズに苦戦していますね。

逆に清々しい大敗

3-13と大敗を喫してしまった広島カープでしたが、そこで得るものがあったと私は思いました。
言ってしまえば、この点差は負け試合という感じです。となると、勝ちパターンで起用していた中継ぎ投手陣たちを休ませることができたって考えられますね。ここ最近、フル回転していた中田廉選手、中崎翔太選手、今村猛選手たちを休ませることができたということは非常に大きく、ましてや前日の試合、12回を戦って引き分けに持ち込んだので、相当ストレスや疲労も溜まっていたに違いありません。8月2日の試合では今シーズンから抑えを任されている今村猛選手は久しぶりの失点で敗戦投手となってしまっていました。ここ最近、先発投手陣が長いイニングを投げられていなく、中継ぎ投手陣に負担をかけていたので、この試合の大敗は、球場で応援していたファンの方々に申し訳ありませんが、選手にとっていい休暇となったのではないでしょうか。そう考えましょう!
選手たちもこの大敗を切り替えて次の試合の糧にしてくれると思います。
たまにはこういう大敗を喫する試合もあります。切り替えていきましょう!!

8月5日の試合

DeNAベイスターズ 対 広島カープ
【予告先発】
ベイスターズ: 井納翔一 (4勝5敗)
広島カープ: 薮田和樹 (9勝2敗)
横浜スタジアム 18時プレイボール

広島カープ先発は薮田和樹選手。
前回登板のヤクルトスワローズ戦では自身初の10勝がかかった試合でしたが、まさかの敗戦投手に。今シーズン先発に転向してから初めての敗戦でした。
しかし、今シーズン先発の柱として活躍している薮田和樹選手ですので、信頼は失ってはいません。勝ち進める投手なんてそうはいないですし、薮田選手の球はプロでも上位クラスの球威ですので、自身初の二桁勝利を意識せずにいつもの自信を持った登板して欲しいですね。それが勝利に繋がると思います。
野手の注目選手は丸佳浩選手。
ここ最近また調子を落としてしまっている印象です。タナキクの1,2番コンビが好調なので、ここでさらに丸佳浩選手の打撃で駄目押しして欲しいところですね。
この試合を落としてしまうと久しぶりのカード負け越しとなってしまいます。苦手ベイスターズ相手ですが、しっかり戦って相手の隙を見逃さず攻撃していって欲しいですね。
この試合、なんとしてでも勝つぞ!!頑張れ広島カープ!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

貴重なアンダースロー!!

ここぞと言う時のアンダースロー投手!

シーズン最多安打記録

シーズン最多安打記録についてまとめてみました。

祝!イチロー選手3000本安打。イチロー選手の強さとは?

いくつになっても挑戦を続けるイチロー選手。 バッティングや守備力、足の速さ、肩の強さなどはもちろん圧倒的なメ…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。