40000人を越える観衆

7月最後の試合は平日にもかかわらず40000人越えの観衆で球場は湧いていましたね。王貞治会長や孫正義オーナーもかけつけていた、始球式には女優の桐谷美玲さんが登場しノーバウンドでキャッチャーミットにおさまり球場をさらに湧かせ、華を添えた。7/31唯一のプロ野球の試合は福岡ソフトバンクホークスの先発松本裕樹投手と北海道日本ハムファイターズの吉田侑樹投手の投げ合いとなりました。

ファイターズに序盤リードを許すも・・・

試合は初回から動きました。ホークス松本投手はファイターズ1番西川選手を三振、2番松本選手もショートゴロと簡単にツーアウトを取るものの、3番レアード選手にはソロホームランを浴び先制点を献上1-0。続く2回にも5番中田選手にヒット、6番大田泰示選手にはレフトスタンド2ランホームランを浴び3-0と序盤kらリードを許す展開となっています。ホークスの反撃は3回ウラ1アウトから、4番柳田選手のツーベースヒットをきっかけに、5番デスパイネ選手のヒットですぐさま1点を返し3-1。続く6番中村晃選手が四球。7番今年ブレイクの上林選手が逆転の3ランホームランで3-4。打線はまだまだ終わりません。8番甲斐選手ツーベース。9番高田選手は内野ゴロで倒れるも、1番明石選手のタイムリーツーベースで3-5。この回一挙5点を挙げ逆転に成功しました。

中盤、後半は盤石の投手リレー!

ホークス先発松本投手も3回以降は粘り強い投球をしていましたが、勝ち投手の権利がかかった5回2アウトを取るもののファイターズ2番松本選手にヒット、3番レアード選手には四球を与え、一発が出ると同点の場面でバッターは4番指名打者の大谷翔平選手をむかえたところで、ホークス工藤監督が動きました。あと1人抑えたら勝ち投手の権利でしたが、松本投手を諦め、左ピッチャーのモイネロ投手に交代しました。そして4番大谷翔平選手をショートライナーに抑えピンチを切り抜けました。モイネロ投手は6回、7回を抑え、8回は岩崎投手、9回はサファテ投手と盤石な投手リレーで3-5で勝利を掴みました。モイネロ投手は2勝目でサファテ投手は33セーブを挙げました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道2018 vol.06 〜元横浜の星が立ちはだかる!巨人戦〜

1つ1つの勝ち星が今年こそ日本一につながると信じて 『4月17日・19日、読売ジャイアンツ戦』

夏の高校野球を観に甲子園へ行こう!〜チケット購入編〜

甲子園の観戦の仕方を教えます。 まずはチケット購入についてです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。