キムチとは

人類は農耕生活を始め穀物が主食になるにつれて、栄養のバランスのため、ビタミンとミネラルの豊富な野菜を食べるようになりました。そして、野菜の生産が難しかった寒い冬にも食べられるように塩漬けという貯蔵方法が自然発生的に開発されました。韓国ではすでに7世紀から塩漬けとして「キムチ」の歴史が始まっています。
キムチという言葉の起源は、「野菜の塩漬け」を意味する「沈菜(チムチェ)」が長い年月が経つ内に、沈菜(チムチェ)→ヂムチェ→キムチェ→キムチの形に変わりながら、「キムチ」として定着したと言われています。

効果とは

・便秘解消
キムチは発酵させて作る漬物のような食べ物です。キムチを食べることで、植物性の乳酸菌をたくさん摂取できます。キムチの大きな利点は、野菜の表面に付いた乳酸菌をそのまま食べることができるという点です。
日本の漬物として良く知られている「ぬか漬け」も、乳酸菌を多く含み、栄養価が高い食品ですが、ぬか漬けは乳酸菌をたっぷり含んだ「ぬか」を洗ってから食べるのですが、キムチは洗う必要なく、効率的に乳酸菌を摂取することができるのです。
乳酸菌には整腸作用があり、腸内をきれいにしてくれます。便秘も解消されるので、キムチを摂取して体に不要なものを排出させましょう。

・ダイエット効果
キムチでダイエットできる根拠は、いわずと知れた「カプサイシン」成分によるものです。この成分が代謝を促進して、ダイエット効果が期待できるという仕組みです。さらに痩せるだけでなく、代謝向上で冷え性が治った、脂肪をつきにくくなったという嬉しい効果もあります。
キムチは、アメリカ合衆国の健康専門月刊誌にて、世界の5大 健康食品にて選出され、世界的にも健康食品であると証明されています。


・美肌効果
乳酸菌の作用に続き、キムチに含まれるβカロテンは、摂取されてから肝臓へ蓄積されると必要に応じて「ビタミンA」へ変換されます。変換されたビタミンAは体内で他の栄養素の働きを促進し、肌や臓器を保護する働きがあるため、肌の美しさを保護してくれるようです。

・アンチエイジング効果
変換されずに体内に残ったβカロテンは、強力な抗酸化作用を持っており、体内に発生する活性酸素を除去したり、老化の促進を抑える効果があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

カラダは休まっても精神的に休まっていない!睡眠中の夢とはいったい?

夢とはなにかしらの暗示ということです。気をつけましょう。

大股歩きの驚くべき効果!?

普段日常的にあまり意識しにくい歩き方ですが、大股歩きにするだけで、お得なことが沢山あるみたいです。

寒暖差が生む症状!それが自律神経失調症

気温の変化について行けないですね。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。