ナッツとは

種実類は、堅果、核果、種子の3つに大きく分けられる。堅果は外側が非常に硬くなっているものの果実に属し、特にブナ科のものは殻斗と呼ばれる台座や帽子状のものに一部または全部をおおわれていることが多く、これを殻斗果という。クリやヘーゼルナッツなどが堅果に含まれる。核果は一般的な果実として想起されるものの一つであり、果実の中心に一つの大きな核があるものであるが、ナッツとして利用する場合は核の中に存在する種子を食用とし、アーモンドやクルミ、ペカンなどがこれに属する。種子に属するナッツとしては、カシューナッツやブラジルナッツがあげられる。なお、厳密にはナッツに属さない豆類にも、ピーナッツなどいくつかナッツとして扱われる種類が存在する。
種実類には、炭水化物を多く含むものと脂肪を多く含むものの2種類が大きく分けて存在する。炭水化物を多く含むものとしてはクリなどがあり、脂肪を多く含むものとしてはアーモンド、ピスタチオ、クルミなどがある。

効果とは

 ナッツを食べる習慣があると、心臓病や呼吸器系の病気のリスクが低下し、そう死亡率を下げることが最近の研究で判明したそうです。
 ナッツに含まれている、オメガ3脂肪酸は動脈硬化や心臓病の予防になり、ファイトケミカルには高い抗酸化作用があり、これらの2つの成分が、ダイエット以外の健康効果も持っているようです。

 オメガ3脂肪酸と言えば、最近話題のアマニ油にも含まれている成分。アマニ油、正直炒め物に使えないという最大の欠点があり、なかなか取りづらいのですが、ナッツであれば、おやつやおつまみとして食べることができますね。

 そう考えると、単にダイエットのためというより、将来的な健康のためにナッツをとったほうがいい、と言えるかもしれませんね。

最後に

ナッツダイエットではアーモンドとクルミがおすすめですが
多くの種類を食べることで、不足している栄養成分を
補うことも可能ですので

是非1種類や2種類だけでなく、3種類以上のナッツを
食べるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

そろそろ花粉の季節!対策は大丈夫?

2月も後半、花粉の飛散が増え、もう鼻がムズムズしている方も少なくないのでは?

風邪対策 自己治癒力アップ

あ〜風邪ひいた! でも仕事が忙しく病院に行ける時間などない。“自分でなんとかしなければ”という人ばかりなのが…

にがりって実は凄い

にがりに注目が集まっています。 お茶やコーヒーに入れたり、ご飯を炊くときに混ぜたりなどとり方も様々。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。