夏の水分補給。何を飲んでますか?

夏バテや熱中症対策には水分が必要と、水を飲んでいませんか?

ただ、水だけ飲んでいても、汗で失われた「ミネラル」を補給できず、疲労感や水中毒の原因になることもあるのです。また、ジュースや炭酸飲料、コーヒーや緑茶なども、実は夏の水分補給には不向きと言えます。そこで、夏バテ対策にピッタリの飲み物や、夏には避けるべき飲み物をご紹介します。

飲み物によっては、夏バテを引き起こす?

まず「水」ですが、飲みすぎると胃液が薄まり、消化不良や胃もたれ、胃炎、むくみ、水太り、疲労感の原因になります。さらに血液が急激に薄まると、心臓や腎臓に負担がかかり、脳がむくんで“水中毒”になることもあるそうです。また、「カフェイン入りの飲み物」は利尿作用が高く、夏場の水分補給には逆効果となってしまいます。主にコーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、ココア、アルコール、栄養ドリンク、風邪薬などが挙げられますね。さらに「甘いジュースや炭酸飲料」も飲みすぎは、血液がドロドロになって血行が悪くなり、細胞に栄養や酸素が供給されなくなることで、疲労感が増したり、糖分過多で糖尿病のリスクがぐんと高くなるそうです。

夏のオススメポイントは「ミネラル」と「ノンカフェイン」!

暑い夏には、汗と一緒に出て行ってしまう「ミネラル」を補給することが重要なポイントで、このミネラルは水では補給できません。また、カフェインが含まれていると利尿作用で体外に出てしまうので、なるべく「ノンカフェイン」を良いですね。

「ミネラル」と「ノンカフェイン」の条件を満たす飲み物としては、麦茶、ドクダミ茶、はとむぎ茶、そば茶などがあげられます。

「スポーツドリンク」もおすすめですが、糖分の高いものも多いので、注意が必要です。良く選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「日本の〜」的なスポット

海外の有名なスポットにそっくりな日本のスポットをご紹介します。

人気の海水浴場!海水浴を楽しむためにも水分補給!

夏のレジャーを楽しんでいると、ついつい忘れがちな水分補給。しっかり摂らないとツマラナイ夏になりますよ。

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。