7人制ラグビー

2016年のリオデジャネイロオリンピックから正式競技となった7人制ラグビー。ラグビーのイメージで言えば、フィールドに15対15で体格の良い男達がぶつかり合いながら、点を取りに行くイメージですね。しかし7人制ラグビーでは15対15の時と同じフィールドで7対7ですので、ぶつかり合いと言うよりは、スピード重視・テクニック重視となってきます。リオデジャネイロオリンピックでは男子がフィジーが金メダルを獲得。女子ではオーストラリアが金メダルを獲得しました。2020年の東京オリンピックでは会場が東京スタジアムで行われます。

競技の概要

1チーム7人のプレーヤーで行うラグビーで、「セブンズ(Sevens)」とも呼ばれています。 7分ハーフで14分間の試合を行います。大会の決勝戦は10分ハーフの場合もあります。
競技場(フィールド): 68~70m×94~100m

ポイント

上記でも軽く触れましたが、7人制ラグビーは、15人制のラグビーと同じフィールドを使って試合を行います。広いフィールドを少ない人数でカバーするため、ボールが大きく動き、スピードと俊敏性、ハンドリングスキルが勝敗のカギとなります。トライシーンも多くエキサイティングで流れるようなプレーが見どころの競技です。

最後に

日本でもラグビー人気も高く、前回のラグビーワールドカップでは強豪南アフリカに勝利するなどラグビーブームとなりました。更に五郎丸選手のポーズも拍車をかけ、ラグビーを知らない人達にも大きな話題に。2019年には日本でラグビーワールドカップも行われるので、東京オリンピック前に更なる盛り上げに期待ですね。15人制ラグビーと7人制ラグビーでは盛り上がり方は違うかもしれませんが、日本男子、女子の応援をしてメダルを獲得してもらいたいです。

エナジークエスト商品無料サンプル

サンプル請求にはオンラインショップ会員登録が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

全国高校ラグビー、出場51校とシード校発表!

28日、全国高校ラグビー大会の出場校およびシード校が発表された。

東福岡、大会新の139-0で大勝!全国高校ラグビー

30日に行われた全国高校ラグビー2回戦、東福岡と浜松工の一戦で、東福岡が大会新記録の139点を挙げて大勝した…

リオデジャネイロオリンピック新種目の1つ7人制ラグビー!普通のラグビーとの違いは??…

オリンピック新競技7人制ラグビー!ルールを知っていればより楽しく観戦出来る!

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。