1-3番

1番センター真中満
現在の監督ですが今の体格からは想像付かないかもしれませんが現役時は俊足と巧打の外野手でした。飯田、青木等超有名選手とレギュラー争いを何度も何度もしたタフネス。晩年は
日本記録となるシーズン代打起用回数98回・代打のみで31安打を記録するなど代打の神様として最後まで活躍。

2番ショート水谷新太郎
過去遊撃手守備率史上最高の.991を守備力に長けた選手で長らくヤクルトのショートを守った名手。通算845安打、146盗塁と実績。池山、宮本の前にも名ショートがいたんです。

3番レフト荒井幸雄
社会人の4番バッターが入団、後に新人王。2ケタ盗塁もない、2桁ホームランもない、でも高い打撃技術でチームに貢献したんです。携帯電話のコマーシャルにも出たんです。

4-5番

4番ファースト杉浦亨
通算224本塁打、1434安打、打率284と球団を代表するスラッガー。日本シリーズの代打逆転ホームランは今でも鮮明に覚えています。でも一番はテーマソング。必殺仕事人のテーマが流れると球場が湧きました。当時の子供たちは口ずさみながらバッターボックスに立ったものです。体型に似合わず器用な選手でした。

5番ライト宮出隆二
今で言うと雄平選手の様な感じでピッチャーでの実績もありながら打者転向後も成功。プロ野球ニュースで野村克也監督がいつも宮出のフォークは最高と言ってました。その努力や苦労を糧にいぶし銀ヤクルトスワローズの5番として期待します。

6番セカンド渡辺進
土橋選手は殿堂入りです。黄金期の前に過去に3回の2桁ホームランを打ちセカンドのレギュラーや内野の便利屋がいたんです。忘れてはならぬと思いの選出です。

7-8番、代打

7番サード角富士夫
こんなに長らくヤクルトスワローズのサードのレギュラーを張ってた人はいただろうか。パンチ力もあり、堅実な守備でゴールデングラブ賞も獲得。昔はナイターのテレビ中継があったからいつも見てました。でもいぶし銀なんです。

8番キャッチャー中西親志
乱闘さえ無ければ。ファイト溢れる姿勢でホームを守ってました。


代打橋上。
サウスポーの時はいつも代打橋上。以上現場からでした。

エナジークエスト商品無料サンプル

サンプル請求にはオンラインショップ会員登録が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

斎藤隆氏、米パドレスでフロント入り

プロ野球の前楽天イーグルス・斎藤隆投手が、来季から米大リーグのパドレスでフロント入りすることが26日に明らか…

広島カープ3連覇への道 Vol.1〜中日ドラゴンズ戦〜

いよいよ開幕!! 広島カープ4年ぶりの白星発進!

グランド整備~野球編~

野球を知らない方からすると、トンボ?レーキ?と初めて聞く言葉もあるかと思いますが、野球のグランド整備にはトン…

1家族一回限りの無料サンプル請求