加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは「適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法」のことです。
専用の加圧器具を使用して、腕の付け根(上腕二頭筋の基部)や脚の付け根(大腿部の基部)に各個人に合った適切な圧を掛けながら、目的に合ったトレーニングや運動を行います。

血流を制限することで、筋肉を素早く低酸素化させる事が出来ます。
筋肉内が低酸素化すると、日常では使われにくい、多くの筋繊維(基礎代謝量に影響しやすい速筋繊維)を刺激する事が出来るので、普段の運動より効率の良いトレーニング効果が得られます。

たった30分で効率良い運動効果

加圧トレーニングは上肢制限のトレーニングが10分、下肢制限のトレーニングが15分。
合計約25分でもトレーニング効果を獲得できます。
その最大の理由は、 血液の制限から起こる筋肉内の低酸素化による『速筋繊維群の強化』です。一つは、加圧ベルトで静脈側を強く制限することで、血中の乳酸濃度が上昇し、その結果として成長ホルモンが最大で290倍分泌します。

他にもアナボリックホルモン、アドレナリンの分泌が盛んになるので、効率良いトレーニング効果が得られます。

低負担なので体力がない人でもトレーニングがしやすい

通常、筋肥大(筋力アップ)を起こすには、高重量のものを、適切な回数持ち上げる事が必須条件と言われています。

しかし、加圧トレーニングは、通常とは違うトレーニングメカニズムで行われるので、低負荷で低レップ(少ない回数)でも筋肥大(筋力アップ)を可能にします。

そして、運動を楽に行えるという点で、運動に対してのメンタル面のハードルを物凄く下げてくれてます。
さらに短時間でもOKという事で、時間が確保しやすくなり運動の継続性にも繋がります。
結果的に継続性が目標達成率の向上にも繋がります。
「なかなかトレーニングが続かない」とお悩みの方は是非、加圧トレーニングをオススメ致します!

さらに、加圧トレーニングは、高重量、高レップの運動を必要としない為、通常のウエイトトレーニングなどを実施する際に、フォームの安定が難しい方、筋力がない方、何かしらの疾病や制限がある方、運動経験が少なくトレーニングフォームが取れにくい方)でも安易にトレーニングが可能になりました。加圧トレーニングの持っている、『低負荷』『短時間』という特性が、高齢者、機能的な制限を持っている方、トレーニング初心者までをカバーし、幅広い層の方に、適切な筋力アップトレーニングが可能なのです。

肩こり解消に

加圧トレーニングは、肩コリや浮腫にも効果的とされています。継続的に行うと血管内皮の柔軟性を向上させる一酸化窒素(NO)が血管内皮細胞に分泌されるというデータがあり、毛細血管を拡張し、血管内皮の柔軟性を向上することで血液の運搬能力が向上し、血液が運んでいる『熱』『酸素』『栄養』その他免疫系の物質が、スムーズに全身(末端まで)に行き渡ることで、冷えや浮腫、コリなどにも加圧トレーニングが効果的なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

褐色脂肪細胞燃焼がダイエットの近道か。

褐色脂肪細胞って知っていましたか。

フラフープブーム再来!!!

フラフープが再び注目を集めだしている理由は。

筋トレするならこの時間帯!逆に避けたい時間とは

どの時間帯に筋トレをすると効率良く効果を得られるのかご紹介します。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、