プロテイン=筋肉?

プロテイン、実はとっても身近なアレだった!

プロテイン、と聞くと筋肉モリモリの人が飲む栄養補助食品のイメージが頭に浮かび、女性やダイエットを目的とする方などにはすこし敬遠されがちかもしれません。
しかしプロテインとは、単に「たんぱく質」を英語に訳しただけであり、たんぱく質はお肉や牛乳、卵などに多く含まれている栄養素ですから、実はとても身近な栄養素と言えます。

そのたんぱく質は約20種類のアミノ酸の集合体でできており、分子が大きく体内への吸収には時間がかかります。
身体というのは血中のアミノ酸濃度が高い状態をキープすることで筋肉が作られ続けられる訳ですから、トレーニング後の栄養素を必要としている状態でのプロテイン補給は、大変効果的です。
それに対しアミノ酸は分子が小さいので吸収も早く、素早くエネルギーとなりますので、運動前やトレーニング中の水分補給として最適です。

プロテインの飲み方

「タイミング」

プロテインは筋力トレーニング後、30分以内に摂取すると吸収が高まると言われていますので、そのタイミングで接種するように心がけると良いでしょう。
基本的にはお水に溶かして飲む、というのが余計なカロリーも抑えられるのでおすすめですが、牛乳に溶かして飲んでも美味しくいただけます。

各メーカーによって、パッケージの裏側に摂取量も記載されていると思いますので、その量を目安に摂取しましょう。
多く摂取すればさらに筋肉がつく!と、思われるかもしれませんが、1度に体内へ吸収されるたんぱく質量はある程度決まっているので、過剰分は主に脂肪として蓄えられてしまうので注意しましょう。

プロテインの選び方

値段?栄養?何で選ぶ?

プロテインはたくさんのメーカーから販売されており、その種類は様々です。
選び方は人それぞれで、目的や、金銭面、たんぱく質以外の付属栄養素(ビタミンやミネラルなど)、好きなメーカーなど色々ありますが、私がまず第一にあげるのはやはり「味」でしょう。

トレーニングはもちろん、プロテインも続けていかなければその効果は実感しづらく、1回飲んだからといって身体が劇的に変化するわけではありません。
現在販売されているプロテインは飲みやすいものがほとんどですが、まずは毎日でも飲める、飲みたくなるようなものが良いでしょう。
その味にはバニラ風味や、チョコレート風味などの定番のものから、甘いのが苦手な方向けの柑橘系風味のプロテインも販売されています。

プロテインもアミノ酸も、摂取するタイミング次第で効果は変わります。
上手に活用して、さらにトレーニングや練習のパフォーマンスを上げていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

スポーツドリンクに含まれるアミノ酸の比較

スポーツドリンクに含まれるアミノ酸の比較をしてみました。

飲み方で分類される、4つのスポーツドリンクの種類とは?

運動の際には、スポーツドリンクを用意しておくことが定番です。 適切な水分補給により、運動に伴う問題を予防する…

スポーツ時には向かないドリンク

スポーツ時の水分補強。 なんでもいいという訳ではないんですよ。

1家族一回限りの無料サンプル請求

muruoka

定食と、大盛り無料という言葉が大好き。

スポーツはバスケットボールを興じております。
NBAでは、ステファン・カリー、ラッセル・ウエストブルック、ジェイソン・ウィリアムス、ゲイリー・ペイトンが好きです。

断然ビール党。