クエン酸で疲労回復!

梅干しを食べて体調を維持しているプロスポーツ選手の話は有名です。
実はこれ、梅干しに含まれるある成分の効果なのです。

人間は生命維持のためにエネルギーが必要です。
食事から得られた栄養素は様々な過程を経てオキサロ酢酸と結合し、最終的にクエン酸となるのです。
そのエネルギーが作られるのがクエン酸回路なのです。

疲労回復のためにクエン酸が含まれる食品を食べてももちろん良いのですが、実は入浴でも高い効果が期待できます。

食べ物から摂取する場合、消化器官を通るので途中でその効果が薄くなりますが、入浴の場合は皮膚から直接吸収できます。
つまり「クエン酸風呂」に入ると疲れた身体にダイレクトに物質が浸透することで高い効果を期待できるのです。

またクエン酸サイクルが活性化すると、疲労の原因とも言われる乳酸が分解されるので、さらに疲労回復に効果があると言われています。

クエン酸が美肌に効く?!クエン酸風呂

クエン酸風呂には美肌効果も期待できると言われています。

クエン酸には肌の新陳代謝、つまりターンオーバーを促進する効果と抗炎症作用があります。
つまり古くなった角質を取り除いて新しい肌への再生を促してくれるのです。

なかなか治らないニキビ、肌のごわつきなどは古くなった角質がそのまま肌に残っていることが原因です。
つまり毛穴に古くなった角質が詰まってそこにアクネ菌が繁殖してニキビになったり、役割を晴たして本来は垢として排出されるべきの古くなった角質が残ったことで肌がゴワゴワしてしまうのです。

そこでクエン酸風呂の入浴効果でターンオーバーが活性化すれば、新しい肌に再生できる可能性があるのです。
それにお湯で温まるという入浴効果によって全身の血行がよくなり冷え性なども改善、それにクエン酸の疲労回復効果で疲れも吹き飛ぶと嬉しい効果が満載なのがクエン酸風呂なのです。

運動後にクエン酸摂取

前述のようにクエン酸は食べたものをエネルギーにする「着火剤」のような働きをする物質です。
運動後にこれを摂取することでよりエネルギーを効率よく生成できるので疲労がたまりにくくなるのですが、実は脂肪燃焼にも非常に効果があるらしいのです。

運動直後にクエン酸をとるとエネルギー変換への着火剤となり、しかも乳酸を分解してくれるので疲労を回復する、というはわかりますが、なぜ脂肪燃焼するのでしょうか。

それはより多くの体脂肪をエネルギーとして使えるからです。

よくウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がダイエットにいいと言われるのは体脂肪を減らせるからですが、それと同じ理由です。
運動直後に酸っぱいものを食べたくなるのは非常に理に適った行動ですし、それにダイエットにも効果があるのですから、試さない手はないですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

アイソトニックとハイポトニックについて

普段の練習の後やちょっとした疲れにはアイソトニック飲料を薄めて飲むか、ミネラルウオーターと一緒に飲むのがおす…

レッドブルとは?

どんな成分が入っているのか?

スポーツドリンクに含まれるアミノ酸の比較

スポーツドリンクに含まれるアミノ酸の比較をしてみました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。