6/1 千葉ロッテマリーンズ 7-3 広島カープ

千葉ロッテ 7-3 広島カープ
勝・ポルシンガー (6勝1敗)
負・高橋昂也 (0勝1敗)

広島カープ連勝ならず。プロ初勝利をかけた高橋昂也選手が千葉ロッテ打線につかまり、3回1/3を4失点で降板し、プロ初黒星を喫してしまいました。この試合も7失点と投手陣が打ち込まれてしまいました。

広島カープ先発は高橋昂也選手。
初回の立ち上がり、連打でピンチを作ると、1アウト後に角中選手にタイムリーヒットを打たれて先制を許してしまいました。その後、立ち直ったかのように見えましたが、4回に井上選手にソロホームランを打たれて追加点を許すと、その後1アウト2、3塁のピンチを作り、藤岡選手に2点タイムリーヒットを打たれて0-4とリードを許してしまいここで降板。
千葉ロッテ先発のポルシンガー選手に押さえ込まれていた打線でしたが、6回にタナキクの連打でチャンスを作ると、丸選手のタイムリーヒットで1点を返すと、松山選手のタイムリーヒット、野間選手のショートゴロの間に加点し、3-4と1点差にまで詰め寄りました。
しかし、一岡選手が角中選手に2ランホームラン、佐藤祥選手がドミンゲス選手にタイムリーヒットを打たれて点差を離され、終わってみれば3-7で敗戦。連勝ならずで高橋昂也選手はプロ初黒星を喫してしまいました。

まだまだこれからだ!高橋昂也選手!

プロ2試合目の先発となった高橋昂也選手でしたが、この試合試合を作ることができず敗戦投手となってしまいました。
高橋昂也選手は、2016年のドラフトで花咲徳栄高校を経て2位入団した期待の左腕で、昨シーズンのルーキーイヤーは2軍で7試合登板し、安定した投球を見せてくれていました。今シーズン開幕前のオープン戦でも安定した投球を見せ、開幕ローテーションを勝ち取りましたが、プロ初先発となったヤクルト戦では勝ち負けはつかなかったものの4回を5失点というほろ苦いデビューを喫してしまいました。
再度2軍で調整して迎えた今回のマウンドも3回1/3を4失点と2試合連続で洗礼を浴び、プロ初黒星を喫してしまいました。
しかしまだ19歳の2年目の選手です。貴重な左腕で伸びしろはしっかりある選手なので、慌てずこれからしっかり成長していってもらいたいですね。
今後のエース候補の高橋昂也選手。次回の登板も期待していますね。

6/3の試合

千葉ロッテ 対 広島カープ
予告先発
千葉ロッテ・土肥星也 (0勝0敗)
広島カープ・九里亜蓮 (1勝1敗)
ZOZOマリンスタジアム 14時プレイボール

広島カープ先発は九里亜蓮選手。
前回登板の中日ドラゴンズ戦では、6回1/3を投げ4失点で勝ち負けつかず。九里選手は素晴らしい投球を見せてくれるのですが、100球前後になると突如球が甘くなるイメージがあるので、首脳陣はしっかり見極めて交代を決めて欲しいですね。
野手の注目選手は丸佳浩選手。
復帰してからもしっかり好調を維持しており、広島カープの得点源となっております。タナキクが不調な中、奮起してくれているので、この試合も得点に絡む活躍を見せて欲しいですね。
この試合勝って連敗阻止と勝ち越しを決めるぞ!頑張れ広島カープ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

日本ハムファイターズ 出世番号「26」

日本ハムファイターズの出世番号「26」を誰が付けていたのか? 紹介していきます。

PNCパーク

ピッツバーグ・パイレーツの本拠地

プロ野球交流戦の行方!!

セ・パのプライドをかけて!

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。