はじめに

野球の魅力の1つはやはりホームランですよね。
小さい頃は憧れの選手のホームランを見て、あんなプロ野球選手になりたいなと思った事です。
昔で言えば、世界のホームラン王、王貞治さんや、無冠の大打者清原和博さんなど、ホームランアーティスト達に憧れていました。
私も昔は、当時福岡ダイエーホークスの小久保裕之さんに憧れてモノマネなどした事を覚えています。しかしホームランを打つことは簡単ではありませんね。今回は打球を遠くに飛ばす方法を少しですが紹介したいと思います。

ロングティー

ティーバッティングの場合、ミート出来ていることは確認出来てても、どこまで打球が飛んでいるかまでは確認できません。
ロングティーをやると思ったより打球が飛んでいないことを実感でき、飛ばすためにはどうするかを考えるようになります。
押し込む動作だけでなく、腕、上体、下半身などスイングの見直しにも最適です。
フォロースルーも自然と大きくなり、ボールを飛ばすためのスイングが身についていきます。
ロングティーは通常のティーバッティングより疲れます。
遠くに飛ばすために必要な筋力も同時に鍛えられるでしょう。
更に1点だけ補足すれば、ロングティーの時はボールの中心より僅かに下を打ちましょう。
ボールにバックスピンが与えられて打球が伸びるようになります。
これらを練習方法を取り入れながら、ボールを遠くへ飛ばすための技術を身に付けましょう。

様々なトレーニング

ロングティーの他にも、インパクトの時に力が入るようにタイヤ打ちなどもありました、グラウンド整備に使う身長までいかないトンボで素振りをする事で、フォロースイングを意識する練習もいいでしょう。
後は、練習方法もそうですが、軸を中心とした構えから体重移動をしっかりしたスイングをする事で打球は飛んでいくと言われています。
いろいろなトレーニング方法で、自分にあったトレーニング方法見つけ出し、上記の様に自分の感覚で身に付けていくといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

規格外の守備職人〜菊池涼介〜

広島東洋カープ、菊池涼介選手の守備についてまとめてみました。

高校野球ファンもビックリ!甲子園で流れた超個性的な校歌

元女子高の共学化校や校名変更した新しい高校に、このようなユニークな校歌が目立ちます。

グレート・アメリカン・ボール・パーク

シンシナティ・レッズの本拠地

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。