・リラックス効果

ペットにする動物というのは、基本は綺麗なものであったり、可愛いものであったりするので、見る事でリラックス効果にもなるのです。
水槽で、メダカや金魚を飼うだけでも、リラックスが出来るのです。目で見てリラックスが出来る事で、普段のストレスを解消する事にもつながるので、ペットを飼う事のメリットは大きいのです。
犬や猫の場合、世話をするのは大変ですが、その分リラックスを与えてくれるので、面倒な事ばかりでもないのです。
ペットは、人間に必ず美を返してくれるのです。

・運動になる
これは犬に限りますが、散歩をさせないわけにはいけませんよね。外の空気を吸い、歩いたり走ることで体重の維持にもなります。

・健康になる
ペットを買うことで血圧、コレステロール値を下げ、心臓病や脳卒中のリスクを下げる効果があることが多数の研究でわかっているらしいです。

・免疫力アップ、アレルギーの改善
ペットのアレルゲンにさらされることで免疫がつくことが原因だろうとされています。

・認知症予防
動物と接することで発語やコミュニケーションが増えたり、動物の話をするようになるなどと記憶する力が賦活されるためらしいです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
人間だけが、ペットを飼うようになっているのです。どんなに優れている動物であっても、動物がペットを飼う事はありません。
人によって、好き嫌いはありますが、「ペットを飼いたい」というのは、人の本能でもあるのです。
何かを可愛がる、あるいは可愛がりたいというのは、自然に湧き上がる気持ちであるので、動物好きの人は、その気持ちを大切にして、小さなペットからでも、飼う事をお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

週末だけの運動でも効果がある⁉︎

いくら健康に良いとを理解していていも、現代人は忙しく、運動習慣のない人がいきなりウォーキングなどの運動の時間…

実は乾燥だけが原因じゃない!!冬は「唇の荒れ」に注意!!

この時期は乾燥による「唇の荒れ」が気になりますが、原因は乾燥だけではないようです。

カフェインの力

1990年以前は「カフェインは体に悪い」とする論文が多かったですが、1990年以降はどちらかというと「体に良…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。