はじめに

現在の日本ではダイエットブームと言って良いほど、いろいろなダイエット方が出ていますね。もちろん体を動かして痩せる方法もありますが、食事制限をして痩せる方法なども増えています。どれが1番痩せるなどの正解はないので、無理なく自分が続けられるダイエット方法を選んでもらいたいですね。そんなダイエット際に気になるのが体の一部に出るセルライトですね。今回はセルライトについて少しですが紹介したいと思います。

セルライトの語源

「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語としてフランスで生まれたと言われています。1973年、ニューヨークのエステティックサロンの経営者であるニコール・ロンサードがセルライトについての本を書きベストセラーになったことから一般に広く知られるようになりました。
日本においては日経産業新聞、1996年の記事でセルライトが紹介されています。関係業界やマスメディア、特にテレビの健康番組を通して2000年代以降日本でも一般に流布するようになりました。

セルライトとは

セルライトとは、主に女性の太ももの裏側や外側、お腹などにあらわれる、ボコボコとしたオレンジの皮のような皮膚の凹凸の変化です。セルライトと通常の脂肪は、構成するものが同じです。そのため、医学的にはセルライトは特殊なものではなく、ごく普通の脂肪とされています。しかし、通常の脂肪とはその形態が違って見え、ボコボコして触ると硬く感じられます。

原因

セルライトは、皮下脂肪がつくことであらわれます。医学的にはセルライトと通常の脂肪に違いはありません。形状が違うように見えるのは、通常の脂肪組織は線維組織という硬い筋に、いくつかの脂肪細胞が囲まれているのに対し、セルライトは線維組織が異常に増えて、脂肪細胞が線維組織によって分断され細かく分かれている状態であるためです。大きくふくらんだ脂肪細胞に一部の皮下組織が引っぱられるために、セルライトはボコボコとして見えると考えられます。

セルライトは脂肪なので、単純にやせれば目立たなくなると考えられます。しかし、内臓脂肪などに比べて皮下脂肪は燃焼しにくいため、セルライトがなかなか消えないと感じる可能性があります。

予防

日常生活で身体を動かすことを意識するのは、たまに長時間エクササイズやスポーツをするよりも効率よく脂肪を燃焼させるといわれています。運動をしようと考えると、週に1回ヨガやジムでのトレーニングを長時間するようなことをイメージしがちです。しかし、可能ならば買い物や用事に歩いて行く、掃除やガーデニングをするなど普段の生活スタイルを見直すことも、十分有効と考えられます。
もちろん、ウォーキングや水泳など、脂肪燃焼させ筋肉をつけるエクササイズは効果が期待できます。専門家やドクターのアドバイスを受けて、自分にあったものを始めるのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

お湯を飲むだけですごい健康効果があるんで!

これほどシンプルで有効な健康効果があっでしょうか?

お風呂あがり夜更かししてない?快眠のススメ

こんな悪習慣は太る原因になってしまうかも? 今回はこの時期ついついやってしまいがちな悪習慣をご紹介します。

イカの力

実は、イカの種類はとっても豊富で、世界では500種、日本近海でも130種ほど生息していると言われています。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。