先週の日曜日に阪神競馬場にて開催された3歳クラシック開幕戦の桜花賞は、ロードカナロア産駒のアーモンドアイが、圧倒的1番人気のラッキーライラックを鮮やかに差し切る印象的なレース内容で優勝しました。そして今週の日曜日は、中山競馬場にて3歳牡馬クラシックが開幕。そう、皐月賞です。その世代最も速い馬が勝つと言われている皐月賞。昨年はアルアインが好位からの追走で優勝。今年は一強とも言われていたダノンプレミアムが怪我で出走回避となったことで、混戦が予想される感じです。今回はそのダノンプレミアムが回避したことで一気に優勝候補となるステルヴィオと、天才武豊騎手が久々の皐月賞タイトルを取るべくパートナーとなったジャンダルムについて書いてみようと思います。

そろそろ頂点へ!ステルヴィオ

ロードカナロア産駒の初年度の代表的馬といえばステルヴィオでしょう。ステルヴィオも3歳クラシック開幕戦の皐月賞に出走予定です。先週の桜花賞では同じロードカナロア産駒のアーモンドアイが2歳女王ラッキーライラックを一蹴し、見事初年度産駒でVといった成績残しています。それに続くことができるのかといったところですが、個人的にはステルヴィオこそが今回の大本命になるかなと思っています。ここまで5戦3勝の3-2-0-0とおった戦績ですが、いずれの2着もダノンプレミアムという壁があってのこと。そしていずれもマイルだったということかなと。ロードカナロアといえばもちろんスプリンター血統となりますが、その父はキングカメハメハ。しかも母父もノーザンダンサー系になるので2400mくらいまで中距離にも十分通用する脚は持っているのかなよいったところ。前走のフジTVスプリングステークスでもそうだったように距離が1800mの方が伸びきっている感じで、鞍上のルメール騎手も、むしろ2000mはあった方がやれるとコメントしているほど。仮にダノンプレミアムが出走していたとしても、もしかすると差し切ってしまうくらいの上積み期待している感じで先週の圧倒的人気ラッキーライラックをアーモンドアイが差したように、同じことが起きるのでは?とも思っていたほどです。今週末は雨模様なので高速馬場とはならない予想。となると、キタノコマンドール、タイムフライヤーやサンリヴァルあたりも怖い存在ですが、次元の違いを見せつけて欲しいですね。

勝利から遠のいている武豊騎手の強襲は!?ジャンダルム

2005年のディープインパクト以来、皐月賞のタイトルから遠のいてしまっている武豊騎手を背にジャンダルムも皐月賞に出走予定です。総合的に見ても悪くない馬で、どのパターンのレース展開でもある程度は取り付いてくると思っています。前走の弥生賞も相手がダノンプレミアムだったこともあるので、そこと比較すると格の違いがモロですが、ワグネリアンを相手にしてのあの結果であれば問題ないようにも思えまづ。スタートも上手い方だし、出来れば内枠で、欲を言えばサンリヴァルの横でスタートしたいところかなと。基礎スピード面も悪くなく世代でもトップレベルにあるということと、反応の良さもあるので、馬群に埋もれてしまうよりは動きやすいところで勝負した方が良いかもです。思い切ってサンリヴァルの後ろをピッタリキープし、ロスなく内を通り直線でキレる。そんな展開であればいいかなと。ワグネリアンあたりはおそらく後ろからになり、弥生賞違って捌くのに苦労すると思うのよ、福永騎手という点もあるので、大きく勝つか大きく負ける可能性があるものの、ジャンダルムは安定して掲示板以上の着順を取れそうな雰囲気です。武豊騎手だし期待して見たくなりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ケイアイノーテック×藤岡佑介騎手が悲願のG1初勝利!今年のNHKマイルカップ

同期の川田騎手の活躍で陰が薄い存在の藤岡佑介騎手ですが、今年はここまで絶好調。リーディングも上位にいます。そ…

夏競馬は北だけではない!今週末は小倉記念

今週末は小倉競馬場に集合!夏競馬真っ盛り!小倉記念は今週末は開催予定です。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。