4/10 vs 巨人 1回戦(東京ドーム)

小さな大魔神ヤスアキ、日本人史上最速で100セーブ達成!!

小さな大魔神ヤスアキ、日本人史上最速で100セーブ達成!!

ジャイアンツ 3-4 ベイスターズ

勝:井納翔一(1勝0敗0S)
S:山﨑康晃(0勝0敗4S)
敗:上原浩治(0勝1敗0S)

バッテリー
巨人:山口俊、上原浩治、マシソン、澤村拓一 - 小林誠司、大城卓三
横浜:飯塚悟史、三上朋也、エスコバー、井納翔一、砂田毅樹、山﨑康晃 - 嶺井博希

本塁打
巨人:長野久義 1号

読売ジャイアンツとの今季初戦。そのマウンドには元横浜の山口俊が立ちふさがりました。対する横浜の先発は飯塚悟史。初戦から熱いですね。試合は互いに点を許さない投手戦の様相をみせましたが、均衡を破ったのは我らが横浜ベイスターズ!5回、1死2塁の場面で倉本寿彦がタイムリーで1点を先制しました!!

飯塚は6回の裏、先頭打者にヒットを打たれたところで降板となりましたが、5回を無失点に抑えるなど今日も試合を作りました。しかし、リードはたったの1点、、、嫌な予感はあったんですよね。7回、3番手のエスコバーが捕まり、山口の代打で出た長野に逆転ツーランを浴びてしまい1-2。これで飯塚の勝利投手の権利が消え、奇しくも山口の権利が、、、。

直後の8回表、巨人のマウンドには今シーズン、メジャーから巨人に戻て来た上原浩治。未だ得点どころかヒットも許していなかったんですね。個人的には嫌な流れかと思いましたが、ここで横浜の打線が火を噴きました!!先頭の大和がヒットで出塁するとロペスも出て、1死1・2塁!ここで不振の宮崎敏郎でしたが、見事に同点に追いつくタイムリー!さらに嶺井博希が2点タイムリーを放ち、4-2と逆転に成功!!

しかし、これで終わらないのが横浜と巨人の一戦といったところですね。直後の8回裏、回またぎでマウンドにあがった井納翔一が捕まり、ノーアウト2・3塁の大ピンチ!本来なら、ここはパットンというところでしたが、パットンは奥様の出産に立ち会うためにベンチ入りしていなかったんですね、、、大ピンチです!!ですが、井納、砂田毅樹がなんとか踏ん張り、ここを1点で凌ぐと、9回は守護神・山崎康晃がきっちり締めて、横浜が巨人との初戦を取り、3連勝!!借金を1まで戻しました。

またも好投の飯塚に勝ち星をつけられなかったのが無念ではありますが、、、なんと言っても、この試合で山崎康晃が日本人史上最速で100セーブを達成しました!!おめでとう、ヤスアキ!!これからも、横浜の勝利の方程式を司る守護神として、本家大魔神・佐々木を超えてほしいと思います!!

4/11 vs 巨人 2回戦(東京ドーム)

5年目の平田がプロ初先発で好投!打線も当たって来たよ~!!

5年目の平田がプロ初先発で好投!打線も当たって来たよ~!!

ジャイアンツ 3-6 ベイスターズ

勝:三嶋一輝(1勝0敗0S)
S:山﨑康晃(0勝0敗5S)
敗:澤村拓一(1勝1敗0S)

バッテリー
巨人:吉川光夫、宮國椋丞、マシソン、澤村拓一、田原誠次 - 小林誠司
横浜:平田真吾、パットン、三嶋一輝、三上朋也、山﨑康晃 - 嶺井博希、戸柱恭孝

本塁打
横浜:筒香嘉智 3号

3連勝中の横浜は勝てば、5割となるこの試合。去年はこの5割の壁に何度阻まれたことか、、、しかし今年は違うんです!!

横浜先発はまさかの5年目の平田真吾。プロ75試合目での初先発は球団史上最遅で、本人もその抜擢に驚いたようですね。正直、打線が平田をフォローする試合になるのではないかと思っていましたが、試合はまさかの投手戦になりました。横浜打線が巨人先発の吉川を攻略出来なかったものの、平田も5回を無失点で投げ切る見事なピッチングを披露しました。これは先発全然ありですね。次回の登板でも魅せてほしいです。

試合は6回の表に筒香嘉智のツーランで先制するも、その裏、平田に続いた横浜投手陣が捕まり一気に2-3と逆転を許す嫌な流れに。やはり5割の壁が立ちふさがるのかと思いましたが、ベイスターズは見事この壁を打ち破りました!!1点ビハインドで迎えた8回表、2死からロペスが粘って出塁すると、宮崎も続き、1・3塁のチャンスを作ります。ここで代打に乙坂智。メキシコでの武者修行では素晴らしい成績を残していたものの、ここまで振るわなかった乙坂でしたが、ここで逆転となるツーベースを放つ大仕事!4-3と試合をひっくり返すと、さらに桑原将志が続いてチャンスを広げると、打席には戸柱恭孝。開幕戦以来、嶺井に捕手の座を奪われていましたが、ここでタイムリーツーベースを放ち、さらに2点を追加しました!戸柱はこの日が誕生日で嬉しいバースデー・タイムリーとなりましたね。

最終回は山崎康晃が満塁のピンチを迎えるものの、無失点で切り抜け、ベイスターズが6-3で勝利!このカードの勝ち越しを決め、連勝も4に伸ばしました!!

4/12 vs 巨人 3回戦(東京ドーム)

ドラ1ルーキー・東がプロ初勝利!巨人に3タテだ!!

ドラ1ルーキー・東がプロ初勝利!巨人に3タテだ!!

ジャイアンツ 4-6 ベイスターズ

勝:東克樹(1勝1敗0S)
S:山﨑康晃(0勝0敗6S)
敗:大竹寛(1勝1敗0S)

バッテリー
巨人:大竹寛、田原誠次、宮國椋丞、篠原慎平 - 小林誠司、大城卓三
横浜:東克樹、須田幸太、エスコバー、三上朋也、井納翔一、山﨑康晃 - 戸柱恭孝

本塁打
巨人:マギー 1号
横浜:神里和毅 1号、ロペス 2号

良くも悪くも横浜と巨人の試合は面白いですね(苦笑)1回表に5点取ったら、余裕で勝利と思っていましたが、、、。

ベイスターズは初回、巨人先発の大竹から先頭打者の神里和毅がプロ初本塁打となる先頭打者ホームランが飛び出し先制すると、波は一気に横浜に来ました!!1アウト後、筒香が四球で歩くと、続くロペスがツーランで2点を追加!さらに宮崎、桑原がチャンスを作ると、バッターボックスには先発投手のドラ1ルーキー東克樹。マウンドに上がる前にまさか打順が回ってくるとは、、、しかし、ここで東がタイムリーを放ち、プロ初安打初打点を記録しました!そして9番の倉本もタイムリーを放ち、初回に一挙5得点!!

これで巨人に絶望的な展開を見せつけたと思ったんですが、、、その裏、東が巨人打線に捕まり、3失点。5-3となり、この試合は一気に分からなくなってしまいました。

初回にこんなに点が入ったら、試合は荒れると思いきや、その後は両先発が落ち着き、互いに0行進となりました。初回こそ制球が定まらなかった東でしたが、2回以降はしっかりしたピッチングで6回途中まで試合を作りましたね。その後、両チームは1点ずつ追加し、迎えた最終回。この日は山崎康晃がしっかり3人で抑え、ゲームセット!!6-4でベイスターズが勝利し、東がプロ初勝利をあげました!!そしてこのカード、巨人を見事に3タテ!しかも5連勝で一気に貯金生活に突入です。

ビジターでの広島、巨人との対戦を勝ち越しして、本拠地・横浜スタジアムに戻れるのは大きいですね。次は中日3連戦。初戦の先発はここまで振るわない石田健大ですが、いい流れに乗り、今度こそ初勝利を勝ち取ってもらいたいと思います!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2年連続の二桁勝利の菊池雄星!埼玉西武ライオンズ6連勝

昨晩も勝って埼玉西武ライオンズの連勝は6に。本日は千葉ロッテマリーンズ戦ですね。

川崎宗則 日本球界復帰!?

復活するか背番号52!!

その地域のライバル校同士の熱い戦い!日本各地の「◯○の早慶戦」を観に行こう!

日本各地に早慶戦のようにその地域のライバル校同士の戦いが繰り広げられる伝統の一戦が多いです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。