「サルコペニア」という言葉をご存じですか。ラテン語でサルコ(Sarco)は筋肉、ペニア(Penia)は減少という意味の言葉で、加齢とともに筋肉が減少していくことを意味しています。

 加齢は誰にでも訪れるものなので、サルコペニアも誰にでも起こります。サルコペニアは、コントロールすることはできません。寿命が短かった時代には発生しなかった問題でしたが、寿命が延びたために表れてきたといえます。

 現在メタボ(メタボリックシンドローム)の人は、今はメタボだけかもしれませんが、歳を重ねるとサルコペニアにもなります。サルコペニアは、60歳以降に起こりやすいことがわかっています。寿命が延びたために、これからどんどん増えることが予想されています。

サルコペニアより怖いサルコペニア肥満

サルコペニアよりさらに怖いのが、「サルコペニア肥満」です。サルコペニアに肥満が合併した状態を指します。

 若いうちから肥満があり、加齢によって筋肉が落ちてサルコペニア肥満になる場合もありますが、加齢によって筋肉が落ちたところに脂肪が蓄積する場合もあります。筋肉が落ちてくると、その多くを筋肉で消費する基礎代謝が落ち、肥満が加速します。すると、これまでと同じ食事をしても、エネルギーとして消費されなかったぶんが脂肪としてたまってしまうことになります。これがサルコペニア肥満です。サルコペニア肥満は、メタボよりも糖尿病や高血圧などの生活習慣病になりやすいといわれています。また、転倒すると、骨折してそのまま寝たきりになる可能性がおおいにあるため、メタボよりも怖いと警鐘を鳴らしています。

 40~80歳代の男女約6000人を調査したところ、男女とも60歳代でサルコペニア肥満が増え始め、なんと70歳代以上では約3割の人がサルコペニア肥満に該当しました。

 傾向としては、男性より女性のほうが多くみられることがわかりました。女性は閉経すると内臓脂肪がつきやすくなり、筋肉量が減るためになりやすいと考えられます。

サルコペニア肥満はさまざまな症状や病気を引き起こす

筋肉が減ってくると、基礎代謝が落ちるだけでなく、体にさまざまな支障が出てきます。

 なんでもないところでつまずきやすくなったり、つまずいて転び、骨折することもあるでしょう。

 筋肉が減ると疲れやすくなり、立っていられず、すぐに座りたくなったり、靴下を片足立ちではくこともできなくなったりします。起き上がるのも、ひと苦労です。

 つまり、日常生活のあらゆる場面で不便を感じることになります。そのため、少しずつ生活しにくくなってくるのを感じるはずです。

サルコペニア肥満にならないためには筋肉を鍛える

サルコペニアやサルコペニア肥満にならないためにはどうすればよいのでしょうか。

 「筋肉」を鍛えればいいのです。そして、もともと肥満がある人は、肥満を解消する(脂肪を減らす)ことも重要です。

 肥満を解消するには、減量するのではなく、筋肉を増やすことがいちばんです。

 筋肉は、鍛えなければ1年に1%ずつ落ちていきます。筋トレを続けていけば、筋肉の落ち方が緩やかになり、肥満を解消することが可能になります。同時に筋肉がつくことで、より健康になるため、サルコペニア肥満も防げます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

日本で唯一、定期運行している寝台特急・サンライズとは?

走るビジネスホテル・寝台特急サンライズの魅力を語ります。

マツダの人気の車種は?

デザインに強みのあるマツダ車

肉離れに注意

寒い時期の起こりやすい

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。