善玉菌の効果と特徴

腸内環境を良好に保つためには、善玉菌は欠かせません。毎日の食生活で、乳酸菌などの善玉菌を増やしていきましょう。善玉菌を増やすために、積極的に摂取したいオススメの食材はなんでしょうか。

善玉菌を増やす食べ物

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、継続的に腸内に補充することが大切です。食生活において、以下にあげる食材を積極的に取り入れるよう意識して、腸内環境を整え、美容と健康に役立てましょう。

●穀物、芋類、海藻など食物繊維が豊富な食品
悪玉菌の作り出す有害物質を体の外に排出してくれる食物繊維ですが、実は善玉菌の栄養源にもなり、善玉菌を増やしてくれる働きのある優れものです。穀物や芋類、豆類、干しシイタケ、切干しダイコンなどの乾物、オリゴ糖の含有量も多いゴボウなどの他、海草類やコンニャク、キノコ類などにも食物繊維は多く含まれています。これらの食品は、外食が続くと、つい不足しがちになります。毎食欠かさず食物繊維の多い食品食べるように心がけてみてください。

●大豆、バナナ、牛乳などオリゴ糖が豊富な食品
食品で摂取した善玉菌や、もともと腸内に存在する善玉菌を増やすのも、腸内環境を整えるために大切です。善玉菌の栄養源となり、増殖を促す成分のひとつにオリゴ糖があります。オリゴ糖は特別なものではなく、私たちが普段食べている食品にも含まれている成分です。特にタマネギ、ゴボウ、アスパラガスなどは、オリゴ糖が豊富な野菜として知られています。

その他に豆類、特に大豆もオリゴ糖が豊富な食品です。納豆や豆腐などを毎日の食事に取り入れましょう。また、バナナや牛乳、ハチミツなどにもオリゴ糖が多く含まれています。ジュースにして、朝食やおやつにするのもよいでしょう。効率的に摂取するには、特定保健用食品などとして市販されているオリゴ糖製品を利用する方法もあります。しかし、摂りすぎると下痢を起こすことがあるので摂取量には注意して、上手に取り入れましょう。

●ヨーグルトなどの発酵乳製品
善玉菌の代表格のビフィズス菌や乳酸菌と言えば、まず思いつくのがヨーグルトです。市販のヨーグルトには色々な種類がありますが、商品によって入っている菌も、BE80株、ビフィズス菌SP株、ガセリ菌SP株、乳酸菌シロタ株、LG21乳酸菌、ラブレ菌…などさまざま。菌はそれぞれ、働きに違いがあり、人によって相性が合うものもあれば合わないものもあります。腸内環境は、人それぞれ違うため、これらの中から自分のおなかに合ったヨーグルトを見つけることも大切です。まずは1週間、ヨーグルトであれば毎日200~250グラム程度を食べてみて、お通じの様子などを観察しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

紫外線を知ろう

「赤外線」って聞いたことはありますか?ガラケーなどに使われてる番号交換とかに使うやつです。「X線」、「ガンマ…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。