速筋という言葉はご存知でしょうか?
筋肉の種類の事です!
筋肉にも種類があるんですが、今回は速筋について少しご説明します!

速筋とは

速筋はその名の通り、収縮するスピードが速く瞬間的に大きな力を発揮します。
その反面、スタミナは少なくすぐにバテてしまうという弱点があります。
速筋はダッシュやウエイトトレーニングなどの無酸素運動で主に使われる筋繊維です。

速筋のわかりやすい例としては陸上の短距離選手があげられます。
陸上の短距離選手は100メートルなどの短い距離であればすごいスピードを発揮しますが、長い距離となるとバテてしまって走れませんよね。

これはトレーニングによって速筋が増えて短距離に特化しているからなのです。
速筋を鍛えるとゴツゴツとしたマッチョな身体になりやすいです。
つまり、マッチョな人は速筋が発達していると言えます。
オリンピックの短距離選手などの体も凄いですよね

また、速筋は別名「白筋」とも呼ばれます。
名前のとおり白く見えるからです。

速筋が白いのは人間だけでなく魚も同じなんだとか。
ヒラメやカレイのように海底に潜んで小魚を瞬時に捕食するタイプの魚は、瞬発力に優れた白筋が多いため白身になるのです。

速筋を鍛えたい!!!

ゴリゴリマッチョになりたいんや!!!
そんな時は、速筋を鍛えるが近道です!

速筋を鍛えるには、ベンチプレスやバーベルスクワットなどのウエイトトレーニングや短距離のダッシュなど瞬発力を必要とするトレーニングが効果的です。

ウエイトトレーニングの場合には、軽い負荷で回数を増やすのではなく1セットで8~12回くらいしかできない高強度の負荷でトレーニングすることが重要です。


軽い負荷では筋持久力を鍛えることになり効率が悪くなってしまうので注意しましょう。

速筋にも2タイプある

速筋には2種類のタイプがあります。タイプ2Aとタイプ2Bです。

タイプ2Aの速筋は、12回以上繰り返して行うトレーニングに反応する速筋です。また、セット序盤のまだ余裕がある状態でも、速筋が収縮していると言われています。このタイプの速筋は、それほど筋肉が肥大することは見込めません。

一方、タイプ2Bの速筋は、4~10回の繰り返しトレーニングに反応する筋繊維です。筋肉を大きくしたい方は、このタイプの速筋を鍛えましょう。このタイプの速筋は、ボディビルダーや短距離走者が鍛えている筋肉になります。このタイプの速筋を鍛えるためには、限界まで追い込んでトレーニングを行うことが必要になります。筋肥大を起こしたい方は、無理をしない程度に、追い込んでトレーニングをしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

プロテインの種類の違い

プロテインの種類の違い知ろう!

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。