プロ野球12球団の今シーズンのスローガンも続々と決定していますね。そんな中で、前回は東北楽天ゴールデンイーグルスとオリックスバファローズご紹介。今回は昨年のパ・リーグで5位の北海道日本ハムファイターズと、最下位の千葉ロッテマリーンズの2球団をご紹介します。果たして、今年のスローガンはいかほどに。

道!北海道日本ハムファイターズ

二刀流の大谷選手を海外に放出した今年の北海道日本ハムファイターズですが、これといった大きな補強はしていない様子。ドラフトでは早稲田実業の清宮幸太郎選手を獲得するなど引きの強さは持っているものの、野球の観点でみるとそれほど怖い選手はいないのかなといったところでしょうか。中田選手も伸び悩みをみせている中で、清宮幸太郎選手がどのように成長していくのかも楽しみなところです。
さてそんな北海道日本ハムファイターズの今年のスローガンは「道」。アントニオ猪木さん発案?というようなフレーズですね。
なんでも、2018年は北海道日本ハムファイターズが誕生して15年目のシーズンであるということと、幕末の探検家・松浦武四郎の提案により北海道と命名されて150年にあたるようです。この節目の年に北の大地の期待を一身に背負い、信念を貫き通し、結果に行き着く道筋を考え、野球の道を究める決意を一文字に込めたとのことです。まら15を意味するXVは、Vが3つ組み合わさっており、北海道で三度目の日本一を目指す意気込みも表しているとのこと。あとずけではありますが、よく考えられているスローガンなのかなと。

マク レ!千葉ロッテマリーンズ

如何にもこうにもいかなかった昨年の千葉ロッテマリーンズ。伊東監督であれば、なんとか立て直してくるのかな?と思っていましたが、残念なことに惨敗続きでしたね。でも底力はあるチーム。ベテランと若手がうまく融合できるとかなり手強いのksなとも個人的には思っています。今年からは井口新監督のもと、新たな方針で躍進できるか楽しみです。
さてそんな千葉ロッテマリーンズの今年のスローガンは「マク レ」。
マク?なにそれ?ですが、「捲る(意味:一気に追い抜く)」プラス「~まくる。勝ちまくる、打ちまくる…etc」の2つの意味だそう。アクセントになっている「レ」を折れ線グラフに見立て、「2016年3位、2017年6位、2018年1位(上昇↑↑)」を示すという意味とも。
「2018年マリーンズを象徴する分かりやすいスローガンだと思います。練習をしまくり、チーム内で競争をしまくり、打ちまくり、勝ちまくりたいと思います。2017年は最下位とこれ以上ないほどの悔しい思いをしました。新たな一年はこの位置からイッキに追い抜くという強い気持ちで挑みたいと思います。ファンの皆様、2018年の千葉ロッテマリーンズに期待をしてください。自分たちはその期待に『マクレ』の精神で応えたいと思います。」とは井口監督にコメント。
勝ちまくる千葉ロッテマリーンズ見てみたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

どうした??広島カープ投手陣!?

投手陣の炎上が止まらない広島カープ。 今後どうなってしまうのか。

ホークス 復刻ユニフォーム

懐かしいユニフォーム。

いぶし銀ドラゴンズ

名古屋出張なのでいぶし銀シリーズはドラゴンズ。ほぼ主観ですがオーダーを組んで見ました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。