ビタミン不足になると体には色々な事がおきます。
今回は、ビタミンDが不足し時にどうなるご説明します。

ビタミンD欠乏症

ビタミンDは、食品からの摂取不足になっても、日光を浴びることでビタミンD生成をすることができます。

しかし、最近は強い紫外線から避けるために、日差しを浴びないようにしている人も増えていることから、ビタミンD欠乏症になっていることもあるのです。

ビタミンDには、骨の健康を保つ働き、カルシウムのバランス整えるという働きがあります。

よって、欠乏症になると、乳幼児、小児では「くる病」成人では「骨軟化症」という症状が出ます。

くる病では、骨の変形や成長障害、骨軟化症では、筋力低下や骨痛などが見られます。

ビタミンD欠乏の兆候

ビタミンD不足の兆候は以下の通りです。

■骨が痛い
■慢性疲労
■頭部の発汗

こちら3点が兆候になります。

ビタミンDを多く含む食品

ビタミンDの1日に成人男女とも、5.5μg必要と言われています。ビタミンDは次のような食品に多く含まれています。

■さけ
■うなぎ
■キノコ類
■卵黄

魚類は全般的に多く含まれています。キノコでは、まいたけやきくらげなどに多く含まれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

意外と知らない!正しく「うがい」できてる?

知っているようで意外と知らない「うがい」の効果と、正しい方法をご紹介。

休日の寝溜めは体に悪い!長時間睡眠がもたらすリスクとは?

私もついつい寝すぎてしまい後悔してしまいます。

朝風呂派?夜風呂派?その驚くべき効果とは!?

皆さんはお風呂に入る時、朝ですか?夜ですか? それぞれに効果があるらしいので紹介します。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。