コレステロールは下げた方良い!いや、悪玉コレステロールを下げるべきた!いろんな噂を聞く事が多いコレステロール。

人間ドッグの診断結果を見て…気にし始めた人も多いかもしれません。 そんなコレステロールとは、本来人の体でどんな役割を果たすのでしょうか?

コレステロールの役割・効果

コレステロールは脂質の一種です。脂質は三大栄養素(たんぱく質・糖質・脂質)のひとつであり、人が生きていくうえで欠かせないものです。

コレステロールが行ってる役割は次のとおり。

細胞膜の材料
胆汁酸を作り出す(脂肪の消化を助ける)
数種類のホルモンを生成する
ビタミンDの生成に役立つ
特に「細胞膜の材料」は体にとっても重要な役割です。

細胞は、柔らかい部分とそれを仕切る固い部分でできています。そして、その固い部分の細胞膜の材料となっているのがコレステロールと言われています。

細胞は全身に存在しているので、コレステロール不足が危険な事が良く分かります。

コレステロールの善玉・悪玉の意味

コレステロールは血液中にのって運ばれる最に、たんぱく質に包まれて移動しています。

このたんぱく質に包まれたコレステロールの呼び名を「リポたんぱく」と呼びます。

リポたんぱくは比重によって呼び方が違っていて、その役割も変わります。コレステロールを運ぶリポたんぱくは次の2つ。

LDL(低比重リポたんぱく):肝臓から各細胞にコレステロールを運ぶ。
HDL(高比重リポたんぱく):余ったコレステロールを回収し肝臓へ戻る。
一般的に、悪玉と呼ばれるのがLDL。善玉と呼ばれるのがHDLの方です。

例えるなら「運び屋」と「回収屋」の違いなだけなのに、なぜ悪玉・善玉と善悪別れるような呼び方をされてしまうのでしょうか?

それは、「LDLが過剰に増えすぎると たんぱく質が過剰な状態になってしまい、血栓の原因になってしまう」という説からきています。

ただし、これはコレステロールが高い事だけが原因ではなくて、高血圧や糖尿病によって血管壁に負担がかかってる事も原因で、何もコレステロールだけのせいではありません。

▶参考:動脈硬化のメカニズム (astellas)

日本脂質栄養学会理事である浜崎氏によれば、コレステロール自体は、あくまでも巻き込まれただけで…動脈硬化層にたまってるプラークには、トリグリセライド(中性脂肪)や繊維などの方が多いはず。と異を唱える説もあります。

「LDLは下げた方が良い」という見解は、日本動脈硬化学会が推奨しているものです。「日本脂質栄養学会」「日本動脈硬化学会」の2つの学会は、「血栓の原因がコレステロール説」という事に対して、まったく違う見解を示しているという事です。

一般的には、日本動脈硬化学会の見解であるLDLが引き金でプラークを生成するというものが常識的になっているので、コレステロールの善玉・悪玉のイメージを誇張させる結果となっているのかもしれません。

しかし、ここ最近では「日本人間ドック学会」が、LDLの上限値を上げ基準値を変更するという事もありました。
(その決断をうけ、コレステロール悪玉説を推奨する「日本動脈硬化学会」が「日本人間ドッグ学会」に注意を呼び替える自体にも)



これらの一連の流れは…医療関係者ではない、一般人から見てみると、なんともモヤモヤとした出来事で、「医療」に対しての不安や不信に繋がりかねない内容です。

ただ、少し発想を変えてみて、医療以外の分野に注目すると、いかにプロとはいえでも「見解が違う場合もある」というの事は実際多いもの。

「医者の言うことだから…」と鵜呑みにはせずに、しっかり自己判断する事も必要なのかもしれません。

コレステロール問題については、例えば「LDLが低すぎる」状態は、細胞の材料であるコレステロールが運ばれない事を意味するので、良くない状態なのは理解できるはず。

また、LDLが高い人は、中性脂肪等も高い傾向にあり、複合的に体に悪影響となっている可能性も否定できません。

つまるところ、コレステロールについては「学会ではいろんな意見がある」状態ですので、高すぎず低すぎずのちょうど良いバランスをとる、という事が自分で出来るコレステロールとの付き合い方だと言えそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

緑茶の効果

緑茶はすごい

注目の「魚油」の効果と特徴

魚油・・・これは良いですよ!

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。