清宮幸太郎〜日本ハムファイターズ〜

清宮幸太郎
早稲田実業高等学校を経て、日本ハムファイターズにドラフト1位で入団。父親はラグビー選手で現在ヤマハ発動機ジュビロの監督を務めています。
リトルリーグ時代から注目されており、リトルリーグ世界大会で中心選手として優勝を経験し、シニア時代のも全国優勝を経験しています。
その後、早稲田実業高等学校に進学し、1年生からレギュラーに抜擢。高校通算ホームラン数は111本で、史上最多記録の保持者でもあり、大きく注目されていました。
ドラフト時には、福留孝介選手7球団の競合の末、日本ハムファイターズがクジを引き当て、日本ハムファイターズに1位入団しました。
主に一塁手のポジションを守っていましたが、幅を広げるために三塁手のポジションの練習も行いとのことです。
高校通算ホームラン記録を持つ清宮幸太郎選手。開幕一軍を奪取し、華々しいプロ野球生活をスタートできるでしょうか。

中村奨成〜広島カープ〜

中村奨成
広陵高校を経て、広島カープにドラフト1位で入団。
小学校1年から野球を始め、3年生から捕手を始めました。
高校は広島県の名門、広陵高校に進学し、1年の春からレギュラーとして活躍。第99回全国高等学校野球選手権大会にて、1985年に清原和博氏が記録した一大会5ホームランの記録を塗り替える6本のホームランを放つと、塁打、打点の記録も更新しました。高校通算ホームラン数は45本。
ドラフトでは広島カープ、中日ドラゴンズの競合の末、地元である広島カープがクジを引き当て、ドラフト1位で広島カープに入団しました。
背番号は「22」。レギュラー争いが熾烈な広島カープですが、強肩、好打、俊足を兼ね備える中村奨成選手は、広島カープにとって大きな戦力になり、将来的には広島カープの正捕手を狙えそうですね。

安田尚憲〜千葉ロッテマリーンズ〜

安田尚憲
履正社高校を経て、千葉ロッテマリーンズにドラフト1位で入団。
小学校6年生時に阪神Jr入りを果たした実力の持ち主で、中学校時は阪神タイガースの元選手、赤星氏が設立したレッドスターBCに所属していました。
高校は履正社高校に進学し、1年時からベンチ入りを果たすと、1年秋から三塁手のレギュラーに定着しました。高校通算ホームラン数は65本。豪快なフルスイングが持ち味で、左右どちらにも強い打球を打つことができるスラッガータイプの選手です。
ドラフトでは3球団の競合の末、千葉ロッテマリーンズがクジを引き当て、ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団。サードのレギュラーが固定できていない千葉ロッテマリーンズにとって安田選手の獲得はかなり大きな獲得になったかと思います。もしかしたら開幕スタメンも狙える可能性もありますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鷹の祭典東京ドーム決戦2017!

40000人を越える東京ドーム

広島カープ3連覇への道 Vol.48 〜5/31 西武ライオンズ戦〜

、、、、、情けない。。。すみません、今日は言わせてもらいます。 味方エラーも2つ絡み集中が切れてしまったとい…

監督の現役時代〜セリーグ編〜

監督の現役時代をまとめてみました。今回はセリーグ編。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。