沢山の栄養価

幅広い年齢層にお馴染みの食材の鮭。国民食である鮭にはたくさんの効果・効能が含まれています。特に美容、健康効果にも優れています。
鮭は身にも皮にもたくさんの栄養が含まれているのが魅力。
アスタキサンチン、DHA、EPA、ビタミン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、マンガン、リン、鉄分、亜鉛、セレン、タンパク質と挙げただけでもこんなにたくさんの栄養価があります。

健康効果

脂肪酸の一種である不飽和脂肪酸は、そこからさらにオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸に細かく分けられます。鮭に含まれているDHAやEPAは、この中のオメガ3脂肪酸に分類される存在ですので次のような病気を予防するとされています。
高血圧の予防、高コレステロール、糖尿病、喘息、脳障害、がん、認知症、関節炎等が挙げられます。
鮭が万能薬になるわけではありませんが、ビタミンや鉄分などの栄養分を補給でき、病気にかかりにくい健康な身体を作ってくれます。オメガ3脂肪酸は体内では作れない為食事やサプリメントで摂取する事になる為健康の維持向上に鮭は大事な食材でもあります。

抗酸化作用

鮭は、アスタキサンチンと呼ばれる成分が含まれています。このアスタキサンチンは、強い活性酸素を除去する力、抗酸化作用を持っています。人の身体を構成する細胞は、加齢と共に発生する活性酸素によって酸化し、衰えていくと言われています。活性酸素で細胞が衰えると、身体の様々な機能が衰弱してしまいます。同じ抗酸化作用を持つビタミンCの6000倍の抗酸化作用を持っています。同じ抗酸化作用を持つ栄養素としてビタミンCが挙げられますが、アスタキサンチンはビタミンCよりも優れた抗酸化作用を持っています。。
鮭で抗酸化作用を摂取し細胞をいつまでも健康な状態、免疫力を健全な状態にしておきたいですね。
更に鮭からはセレンと呼ばれる栄養素も摂取することができ、免疫力を高める作用がありる為ガンを始めとする様々な病気を抑制する効果も期待出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ビタミンK

ビタミンの種類・効果を知ろう第5弾

本能的に食べたくなる!?お蕎麦の魅力

お蕎麦にはこんな効果があったとは知らなかったです。

今が旬のそら豆とは

そら豆は、4月から6月にかけて旬を迎える野菜です。マメ科の中でも大きく、栄養価も高く、とくに疲労回復に効果が…

1家族一回限りの無料サンプル請求