王貞治

【王貞治】
1959年から1980年の22年間で、MVP9回、3冠王2回、首位打者5回、ホームラン王15回、打点王13回など圧倒的な数字を残し、様々なタイトルを総なめにしてきた言わずと知れた球界のレジェンド。
「一本足打法」と呼ばれる独特な打撃フォームから通算868本のホームランを放ち、プロ野球史上最多の通算ホームラン数を保持。そのほかにも、通算得点、打点、塁打はプロ野球最多の記録で、未だ破られていない日本記録。歴代最強打者と言っても過言ではない名選手、レジェンドです。

また、監督としても結果を残しており、2回日本一輝き、第1回ワールドベースボールクラシックでは日本を世界一に導いた名将としても知られています。

長嶋茂雄

【長嶋茂雄】
1958年から1974年の17年間で、MVP5回、ホームラン王2回、打点王5回など様々なタイトルを獲得してきた王貞治氏とともにジャイアンツの栄光時代を支えた名選手。
「ミスタープロ野球」、「ミスタージャイアンツ」など様々な愛称で呼ばれて親しまれています。
また、ユニークな性格で「記録より記憶に残る選手」と称されることがよくあり、同年代一緒にプレイをしてきた王貞治氏と比較されがちではありますが、長嶋氏は1年目からホームラン王、打点王の2冠に輝き新人王を獲得しています。また、王氏がプロとして結果を出し始めたのが3年目以降に対し、長嶋氏は1年目からジャイアンツの4番に座り、数々のタイトルを獲得した名選手。まさに「記録にも記憶にも残る選手」でしょう。

沢村栄治

【沢村栄治】
ジャイアンツのみならず球界のレジェンド。
プロ野球史上初のノーヒットノーランを達成と、ジャイアンツの初優勝にも貢献。さらに1936年には24勝、防御率0.81をマークし、プロ野球史上初のMVPにも輝いた名選手。現役時代は史上最多タイのノーヒットノーラン3回を記録しています。
しかし、徴兵によって、手榴弾の投げすぎで右肩を負傷し、左手も銃弾貫通と、選手生命に関わる大怪我をしてしまいました。復帰後は肩の負担を抑えるためにアンダースローに転向したが、思うような結果が残せず、現役を引退。
現役通算63勝22敗、防御率1,74を記録。ジャイアンツは沢村氏の功績を讃え、沢村氏が付けていた背番号「14」は、プロ野球史上初の永久欠番となった。また、沢村氏の栄誉を讃え、この年から「沢村栄治賞」(現沢村賞)が設立され、その年の最優秀投手に送られる賞として今でも残っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

メジャー史で最も重要な40人!日本人で唯一、野茂氏が選出!!

かつてドジャースなどで活躍した野茂英雄氏が、米メディアの選出する「メジャー史で最も重要な40人」で堂々の37…

カープびいきvol.42 7月18日 阪神タイガース戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。