デスマッチだけじゃない

大日本プロレスの魅力はまだまだあります。
プロレスって見た目以上にきついと言われてます。我々には計り知れない位きっとデスマッチは更に過酷だと思います。でもそれを表現し周りに見せている選手は本当にタフで男らしく、プロ意識の高い団体と感動します。そして大日本プロレスの魅力はデスマッチ路線だけではないんです。ストロング・スタイルも見どころ満載です。ストロングBJ(ビッグジャパン=大日本)と言うジャンルもあります。代表的な選手は関本大介選手です。鍛え抜いた肉体で真っ向から勝負する独自のスタイルでファンを唸らせています。大日本プロレス内だけでは無く他団体にも多く参戦しており、多くのプロレスファンに大日本はデスマッチだけでなくストロングスタイルもある事を浸透させた選手でもあります。

ストロングスタイルな選手

そして後に大日本にはデスマッチではなくストロングスタイルの関本に憧れる選手が増え、それがストロングBJというジャンルを生み関本選手、岡林裕二選手、佐々木義人選手、河上隆一選手等がパワー溢れる肉体で真っ向勝負を繰り広げています。技巧派の石川晋也選手もいます。そして関本大介は過去に海外も含めて17団体に出場して185試合を行なった年もあり、物凄い需要がありますし、そのタフさも魅力の選手です。

最後に

デスマッチ、ストロングBJとどちらもレベルは高く、幅広い層に人気の大日本プロレス。プロレスを真っ直ぐ純粋に愛し、そしてそれ以上にファンを大切にするからこそ会場でファンとの一体感が生まれる魅力的な団体です。デスマッチでスリルを味わうのも良し、豪快なストロングスタイルに感激するも良し、好きな選手と触れ合うのも良しですね。さあ、会場に足を運んで見ませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

神の左!!

次戦で具志堅用高の記録に並ぶか

1家族一回限りの無料サンプル請求

square