日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)は、パラアスリートの練習環境整備を目的に、パラスポーツ専用体育館(仮称)を建設する運びになりました。

パラスポーツの普及と強化

パラスポーツ基盤強化において、パラスポーツ競技の実施可能な施設の少なさが課題とされており、
特に体育館で行う車いす競技については、床を傷つける等の理由による利用拒否やバリアフリーの問題で、日常的な練習場所の確保が困難な状況にあります。
また、パラスポーツに関する普及啓発イベントが実施できる体育館も不足していることから、
日常的な強化及び普及双方の課題を解決するためパラスポーツ専用の新たな体育館を、東京臨海副都心地区にある「船の科学館」の敷地スペースを活用し、建設いたします。

施工式開催!

【日時】 2017年12月20日(水)10:00~12:00 
(メディア受付9:30~「船の科学館」本館1F/スチール・記者 先着順 ムービー9:30より抽選)
【場所】 「船の科学館」体育館建設予定地(東京都品川区東八潮3-1) 
【主催】 日本財団パラリンピックサポートセンター
【概要】 10:00~10:50  記者ブリーフィング 質疑応答 
(小澤直 日本財団パラリンピックサポートセンター常務理事)
 ※起工式場所への移動時間を含みます。

11:00~12:00  起工式
11:00~11:30地鎮祭 
※一部、撮影NGの箇所がございます。
 当日ご案内いたしますので、ご協力の程、よろしくお願いいたします。
11: 30~   施主、来賓挨拶
11:50~   フォトセッション
12:00~  囲み取材(予定)※囲み取材はアスリート及び、主催者(パラサポ)となります。

【出席者】
森喜朗   東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長
笹川陽平 日本財団会長
鳥原光憲 日本パラリンピック委員会会長
山脇康  日本財団パラリンピックサポートセンター会長
鈴木浩司 日本海事科学振興財団常務理事

パラリンピアン 
島川慎一(ウィルチェアーラグビー) アテネ、北京、ロンドン、リオパラリンピック(銅メダル)、4大会連続出場
添田智恵(車いすバスケットボール)  シドニー(銅メダル)、アテネ、北京パラリンピック出場                 

オリンピックでのメダル獲得増加になるか

練習場所の確保が出来れば、それだけ練習できる時間も増えることになります。
その結果、競技レベルもあがっていきますので、今以上でにオリンピックへのメダル獲得チャンスが増える事思いますので、選手の皆さんの為にも、こういった場所が増えてほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。