青木宣親

言わずと知れた日本が誇る安打製造機。
現在はメジャーリーグで活躍している青木選手ですが、ヤクルトに入団当時は背番号「23」を付けていました。

青木選手は、2003年にドラフトで4位入団。
1年目から頭角を現し、2軍で首位打者を獲得すると、フレッシュオールスターではMVPも獲得しました。
入団2年目は開幕からスタメンに抜擢され、イチロー選手以来、2人目となるシーズン200本安打を記録し、このシーズンは首位打者と新人王を獲得しました。当時私は、この青木選手のブレイクに驚いた記憶があります。
その後も、安定した数字を残し、日本プロ野球8年で首位打者3回、最多安打2回、盗塁王1回など数々のタイトルを総なめにしました。
2009年には過去に若松氏、池山氏、岩村氏などが付けていたミスタースワローズの背番号「1」を継承し、チームの顔として活躍していました。

現在はメジャーリーグで活躍する青木選手。
日米通算2000本安打も達成した日本の安打製造機。どこまで安打数を増やす本当に楽しみです。

山田哲人

山田哲人

プロ野球史上初の2年連続トリプルスリーを獲得した今やプロ野球の顔、山田哲人選。
2010年のドラフトで1位入団。
山田選手が本格的に覚醒したのはプロ4年目の2014年から。
このシーズンは、開幕からヒットを量産し、監督推薦でオールスター戦に選出されるなど活躍。安打を量産し、セリーグの右打者のシーズン安打記録を更新する193本のヒットを放ち、最多安打のタイトルを獲得しました。

2015年のシーズンも、昨シーズン以上の活躍をし、史上初の3ヶ月連続で月間MVPを獲得するなど大ブレイク。終わってみれば、ホームラン王と盗塁王を同時受賞する離れ業を成し遂げ、史上最年少でトリプルスリーを獲得し、ヤクルトスワローズの顔、日本球界の顔にまで成長し、このシーズンのオフに青木選手が付けていたミスタースワローズの背番号「1」を継承。青木選手と同じ背番号「23」から「1」への変更でした。

2016年シーズンも2年連続となるトリプルスリーを獲得。
今や球界を代表する選手にまで成長しましたね。

現在の背番号「23」は?

実は今、背番号「23」を付けている選手はいないんです。
次に背番号「23」を付ける選手は、球団から期待されている選手だと思います。次付ける選手が現れたら是非注目してみてください。

ここで、一つ。
上記で紹介した青木選手、山田選手はミスタースワローズの背番号「1」をつけました。
そこで、過去に誰がミスタースワローズの背番号「1」を付けていたのでしょうか。簡単に紹介していきます。

初代ミスタースワローズとして背番号「1」を付けた選手は若松勉氏。
生涯打率,319という高打率を誇り、数々のタイトルを獲得した小さな大打者。生涯ヤクルトスワローズ一筋で現役を終了されたので、ミスタースワローズと呼ばれるようになりました。

次に背番号「1」を付けたのは、池山隆寛氏。
フルスイングが魅力で、ブンブン丸という愛称で親しまれ、生涯ヤクルトスワローズで活躍しました。三振は多い選手ではありましたが、一発が魅力的な選手で、ファンから愛されていた選手の一人です。

次に付けていたのは、岩村明憲氏。
サードで活躍した選手で、池山氏と同様、三振は多い選手ではありましたが、走攻守揃った万能選手としてヤクルトスワローズを支えてきた選手の一人でした。一発の魅力があるので選手でしたね。

現在、背番号「23」を付けている選手はいませんが、「23」を付けていた選手は活躍するという出世番号として、知られています。
次に背番号「23」を付ける選手は現れるのでしょうか。
非常に楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

前人未踏!ソフトボール上野、2000奪三振達成!

ソフトボール日本リーグ女子、ビックカメラ高崎の上野由岐子投手がリーグ史上初の通算2000奪三振を達成!!

ベイスターズ、優勝への道 vol.50 〜CS進出へ、這い上がれ!巨人戦&ヤクルト戦…

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

4月20日プロ野球結果〜セリーグ〜

4月20日のプロ野球結果です。 ベイスターズ連勝。祖父江選手、プロ初勝利。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。