ボジョレーヌーボーとは?

ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られる新酒の赤ワインで、ブルゴーニュの南にあり、ガメイ種という葡萄から造られており、フルーティーで若々しく、柔らかなワインで、軽快で渋みがほとんど無くやさしい口当たりで、はじめての方でも飲みやすいワインとされています。
ボジョレーヌーボーが他のワインと違うのは味だけではありません。
新作のワインが販売される時期が決まっており、毎年11月の第3木曜日午前0時に販売が解禁され、解禁になると各地でお祭りのように初ワインを飲み盛り上がるのが特徴です。

またボジョレーヌーボーは、その年に収穫されたブドウで造られた新酒であり、ブドウが良質であるかを確認もでき、その年の出来の評価も違ってきます。

なお、2017年の出来は「酸味と果実味とタンニンが見事なバランスで整っている。今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、溌剌さとエレガンスさも兼ね揃えている」との事です。

ボジョレーは美味しいだけではない!健康にも良いんです!

飲んで美味しいボジョレーヌーボーワインですが、健康にももちろん良いです!
その健康効果もお教えします。

①動脈硬化、ガン予防に効果的
ワインに多く含まれるポリフェノールは動脈硬化やガンの予防になるといわれています。動脈硬化は、体内の余分な酸素が活性酸素となって、血液中の低コレステロールと結合して酸化し、白血球のマクロファージーにより血管の壁がふくれあがって起こります。
さらにガンは酸化酵素がDNAに触れ、DNAを傷をつけることが原因となります。
そこでポリフェノールを摂ることで、動脈硬化やガンの原因となる悪玉 活性酸素を消滅させてくれる働きがあります。
更にワインをつくるぶどうの中には、最近発見されたレスベラトロールと云うポリフェノールの一種の成分があり、これは殺ガン物質が含まれており、現在ガン治療薬として研究開発が進められているほどの効果があるとされています。また、ワインの醗酵過程でレスベラトロールが倍加され、これも抗ガン作用に有効といわれています。

②アルツハイマー予防
ワインの中には数多くのミネラルが含まれており、特にマグネシウム、カリウムが多く含まれています。マグネシウムは脳細胞の活性化に役立ち、アルツハイマー予防にも効果 も期待されます。アルツハイマーは体内にアルミニウムが入ることが原因との説もありますが、マグネシウムとカルシウムが体内にあることで、アルミニウムが入らないと言われています。
またマグネシウムは血液をサラサラにする働きもあるので、血液サラサラ効果がアルツハイマーなどの脳血管に関わる病気の予防に大いに役立ちます。
さらにワインといえばチーズと合うことで有名ですが、ミネラル豊富なチーズと合わせて飲食をすればより相乗効果が期待できるのです。

③高血圧予防
ワインに含まれているミネラル分の中にはカリウムも多く含まれています。カリウムは体内のナトリウムと結合して、塩分を減少させ、高血圧予防に役立ちます。
通常の血圧に対して、ワインを少量飲むと10程度血圧を低下させるほどの効果があるほどです。
このように程良くワインを飲む習慣をつけると、血圧の 常値はワインを飲んだ時よりも、さらに低下した血圧を維持できるようになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダイエットにアンチエイジング効果!「ココア」のパワー

寒い時期は温かい飲み物、特に「ココア」がおススメ!

ウナギの代用品?「パンガシウス」ってどんな魚?

ここ最近、ウナギの代用魚として、「パンガシウス」という淡水魚が話題になっています。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。