インフルエンザにかかる人は11月頃から増え始め、ピークは12月~3月頃までに患者数が増えます。

11月~3月の間に、自分がインフルエンザになったとき、「風邪なのか」それとも「インフルエンザなのか」分かりません。そのため、「会社から病院に行って検査を受けてきてね」って言われます。

インフルエンザと風邪の症状の違いは何でしょうか。

インフルエンザの症状とは、どんな症状?

インフルエンザウィルスに感染すると、潜伏期間が1日~3日あり、その後、インフルエンザに発症します。発症してから、1日~3日間は、38℃以上の高熱や倦怠感、食欲不振などの全身症状が現れます。

遅れて、鼻水や喉の痛み、咳などの呼吸器の症状が現れ、関節の痛みや吐き気などの消化器の症状が現れます。

インフルエンザに発症してから、約10日前後で症状がおさまり回復します。

インフルエンザと風邪の違いと見分け方

インフルエンザは季節性で11月~3月頃まで流行しますが、風邪は1年を通して見られる症状です。

風邪の特徴は、発熱は軽度で、くしゃみや咳、喉の痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状も風邪をひいてからゆっくりと症状が進んでいきます。

インフルエンザは、急激に症状が出て高熱になり、全身の倦怠感や食欲不振など全身症状が現れ、かんせつの痛みや筋肉痛、頭痛の症状もあります。肺炎や脳炎などを併発して合併症になり重症化するケースもあります。

インフルエンザが流行しているときに、38度前後の高熱が出ているときに飲む解熱剤には注意が必要です。特に子供の場合は、 インフルエンザ脳症・脳炎 になることがあります。

風邪なのか、インフルエンザなのか分からないときに飲む解熱剤は、バファリンやロキソニンではなく アセトアミノフェン系解熱剤のみですので、1つは準備しておくといいです。

インフルエンザの感染予防の第一は免疫力アップ

インフルエンザや風邪に罹りたくないと思っている人も多いと思います。風邪程度で会社を休む訳にもいきませんし、家事を休む訳にもいきません。そして、親としては子供の中学受験・高校受験・大学受験の時期に病気にならないかとヒヤヒヤさせられます。病気にならないために、5つの予防を行ないます。

1.免疫力を高める食材を食べる

2.質の良い睡眠で疲れとストレスを取る

3.部屋の湿度を50%~60%に保つ

4.手洗い・うがいをする

5.予防接種をする

インフルエンザや風邪などに罹りたくない、罹らないようにするときは、免疫力を高めることがとても大切です。免疫は自己防衛機能なので、免疫力を高めることで予防法の効果が発揮されます。免疫力をアップさせるのにR-1ヨーグルトが人気ですが、半年間食べ続けても実感がありませんでした。そこで、ヨーグルト以外の乳酸菌を摂取することで体調を崩すことが少なくなりました。

免疫力を高めた「 ヨーグルト以外で乳酸菌を摂取した方法 」を良ければ御覧ください。

また、ラクトフェリンという成分は、抗菌作用や免疫力アップ、さらには細菌が体内に入ってくるのを防ぐ働きもあるので、「ラクトフェリン+乳酸菌」も健康維持にはいいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。