ダート戦線もいよいよ佳境になってきましたね。残すG1はずばりチャンピオンズカップの一戦のみとなりました。個人的には、芝のホースに比べてダートホースは勉強不足なので、なんとなく過去のレースや血糖値に偏りがちな予想となってしまいますが、事JBCクラシックに出走するほどのJRA馬であれば流石に知っている面々となります。逆に言えば地方で頑張っている馬に関しては未知な世界。という事で、完全にJRA馬に絞った予想だったということになります。結果的にはそれが功を奏した感じでしたが、ここをステップに残りのチャンピオンズカップでどんなレースを展開してくれるか楽しみな馬が今年も勝ち上がって行きました。

さすがは2016年度JRA賞馬!サウンドトゥルー

アウォーディー、ケイティブレイブ、ミツバ、グレンツェント、アポロケンタッキー、オールブラッシュ、そしてサウンドトゥルーと、地方馬に加えてJRA馬が7頭出走の今回のJBCクラシックにおいて、やはり軸として考えておきたい一頭でした。理由は、昨年の最優秀ダート馬にも選ばれているだけではなく、とにかく冬になると強さを見せるのがサウンドトゥルー。イメージカラーの黄色のマスクをして登場したパドックでも、威風堂々とした立ち姿で、今回もやってくれると感じたパドックでした。
レースも、スタートはまずまずで、そこから無理する事なく後方で待機。道中も無理する事なく後方中目で展開していきますが、4コーナーに向けて徐々に前進体制へ。そこから加速勢いに乗って直線へ突入。反応が若干鈍かった部分はあるものの、やはりトップスピードの質は衰えてなく、トップスピードのままの持続も問題なし。まとめて差して勝利といった内容でした。
今回の感じからして、ライバルのアウォーディーにも圧勝しているところから、今年もサウンドトゥルーがチャンピオンズカップ筆頭かなといったと印象でした。

精彩欠いたアウォーディー!調整が必要か?

今回の1番人気を背負ったアウォーディー。昨年の覇者でもあり、やはり強さは今も健在。ただ今年は2戦しか使われていなく、どうもこの辺が影響しているのかな?といったところでしょうか。スタートもうまく抜け出し、さらに二の足も良く、楽に先行でき4番手あたりを気持ちよく走っていたイメージでした。道中も全くかかるところなく、スムーズに綺麗なフォームで走っていたので、逆に、サウンドトゥルーが追いつけるのかな?とそっちに気を取られていたほど。しかし気がつけば直線で突き抜けているかと思いきや全く伸びがなく、おやおや?といった感じで後退。なんとかなだれ込んだ感じで4着といったレース内容でした。チャンピオンズカップに向けて、もうひとだたきが必要なのか、反応も悪く、なぜ伸びなかったのか?と鞍上の武豊騎手も話していたほど。それでも実力は間違いなくある馬です。信じましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

24戦目にして悲願のG1制覇!6歳馬・サトノアラジン

強さを見せつけたロゴタイプの連覇ならず!サトノ軍勢にまたもやG1馬が誕生です!

まさかのメイショウスミトモが重賞レース初制覇!シリウスステークス

ディフェンディングチャンピオンのマスクゾロは好走も差されて7位に代わりに躍り出たのは伏兵のメイショウスミトモ…

武豊騎手!JRA通算3900勝は今週末!?

天才ジョッキー武豊騎手が節目となる3900勝まであと1勝。今週末の宝塚記念で達成なるか!?

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。