今週の日曜日は、京都競馬場にてチャンピオンズカップの前哨戦のみやこステークスが開催されます。昨年はアポロケンタッキーがグレンツェントとの叩き合いを制し、クビ差で勝ったシビれるレースを見せてくれました。そのグレンツェントは今年も出走も、アポロケンタッキーはJBCに出走予定。しかし、テイエムジンソクや勢いあるエピカリスなど、今年もグレンツェントが簡単に勝たせてくれそうにないメンバーが揃っています。さて、今年はどんなレース内容になるのでしょうか。

アスカノロマン
エピカリス
キングズガード
サルサディオーネ
シャイニービーム
タガノディグオ
タムロミラクル
テイエムジンソク
トップディーヴォ
マイネルクロップ
モルトベーネ
モンドクラッセ
リーゼントロック
ルールソヴァール
ローズプリンスダム

以上、16頭の出走馬です。

圧勝劇もあり得る?エピカリス

ここまでのエピカリスにもつ印象は、とにかく強い馬だなということです。みやこステークスで勝つようであれば、今年のジャパンカップもそのままの勢いで古馬を一蹴してしまいそうな勢いがあるほどかなと思っています。
前走のレパードステークスに関しては、スタートは良くてもハナを主張する馬が多く、またその馬たちに完全に挟まれてしまった感じで前にでれずに5番手あたりを追走。その状態で特に動きがないまま4コーナーに突入も、前後左右が完全に蓋をされてしまった状態で、ラスト100で最内に振ってようやくごった返していた馬群から抜け出しトップスピードへ。追走虚しく3着と言った内容でした。これは完全に前が空いていたら突き抜けていた結果だったと言える内容だっただけに、悔しい黒星といったところでしょうか。それ以外の競馬をみても、ゲートも無難にこなしているし、何しろ直線に入ってからの2Fのトップスピードの質と持久力は、ダート馬でトップレベル。サウンドトゥルーと良い勝負をしてくれそうな3歳馬といったところです。今回のみやこステークスにおいては1着固定として考えても良いのかなといったところです。

安定感抜群!テイエムジンソク

ここ直近の12戦の戦績は素晴らしく、内1レース以外の複勝率が100%と、非常に安定感のある一頭です。テイエムジンソクのもちあじはえ、スタートから抜け出した後の二の足の良さで、常に好ポジションでレースを展開できるところ。できれば内枠に入れれば、今回のみやこステークスでも抜群の安定感で先行し、総合力で勝ち切る可能性があるのかなと思われます。ライバルとなるのは間違いなくエピカリス。どちらにせよ、エピカリス相手に直線勝負となるのは、エピカリスのトップスピードの質から考えるとかなりの見劣りを感じるため、以下にしてペースを引き上げられるかが鍵になってくるのかなと思っています。あとはエピカリスをマークするあまり、自分の競馬からかけ離れてしまうと後半バテバテで後退していってしまう可能性が大なので、そこが不安視している点でしょうか。ある程度腹を決めて、ペース配分次第で勝負に出てもらいたいところといったところでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

短距離馬に新星!スプリント路線変更で開花!?

GI初出走で制覇!スプリントに新星現る!

牝馬リスグラシューが勝利!今年の東京新聞杯

善戦馬とは言わせない。しっかり勝ち切ったリスグラシューでした。

キーンランドカップ!9歳馬エポワスが重賞初制覇!

夏のサマースプリントシリーズ第5戦!キーンランドカップはいかがでしたか?

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。