9月1日 ヤクルト 2-3 広島カープ

ヤクルト 2-3 広島カープ

勝: ジョンソン (6勝3敗)
S: 中崎翔太 (3勝1敗3S)
負: 星知弥 (4勝7敗)

連敗脱出!!そして、ジョンソン選手のナイスピッチでヤクルトに勝利!
4番に座る松山竜平選手が3安打2打点の活躍。鈴木誠也選手を欠く中、見事4番の役割を果たしてくれました。
0-0で迎えた6回、広島カープは1アウト2,3塁のチャンスで西川選手が犠牲フライ放ち均衡を破ると、続く7回には2アウト1,2塁のチャンスで松山竜平選手選手がタイムリーヒットを放ち2点を追加しました。
8回に2番手のジャクソン選手が2連続押し出しを与え2点を返されるも、後続がしっかり抑え3-2で広島カープが勝利を収めました。
阪神タイガースも勝利を収めたのでゲーム差は変わらず。まだまだ気は抜けませんね!

9月2日 ヤクルト 1-3 広島カープ

ヤクルト 1-3 広島カープ

勝: 薮田和樹 (13勝3敗)
S: 中崎翔太 (3勝1敗4S)
負: 小川泰弘 (7勝7敗)

8回のピンチを切り抜け、広島カープ2連勝!!9回の西川龍馬選手のホームラン一気に楽になりましたね。本当にいいところで打ってくれる素晴らしい選手ですね。薮田和樹選手も今シーズン13勝目。安定感も抜群で安心してみていられますね。
広島カープは初回、1アウト1,2塁のチャンスで松山竜平選手選手がタイムリーヒット放ち2点を先制。8回に今村猛選手が1点を失い、1点差となりましたが、9回に西川龍馬選手のホームランで逃げ切り逃げ切りに成功し、2連勝。広島カープ先発の薮田和樹選手は制球が定まらず5つのフォアボールを出すものの、要所をしっかり抑えるピッチングで、6回を3安打無失点で、今シーズン13勝目。今シーズン序盤は中継ぎでの登板がメインで、規定投球回数に達するのは難しいかもしれませんが、最多勝なら規定投球回数に達しなくても受賞できるので、最多勝のタイトル目指して頑張って欲しいですね。

9月3日 ヤクルト 2-9 広島カープ

ヤクルト 2-9 広島カープ

勝: 岡田明丈 (12勝5敗)
負: 山中浩史 (2勝6敗)

広島カープが3連勝!この大事な時期の3タテは非常に大きいですね。
広島カープ先発の岡田選手は初回に先制点を奪われ、6回を5安打4四死球2失点と調子が悪かったものの、打線が爆発し、見事快勝。岡田選手は打線に感謝しなくてはいけませんね。
広島カープは初回、1アウト2塁のピンチを作ると、バレンティン選手にタイムリーヒットを打たれ先制を許してしまいました。しかし、今日の広島カープ打線は爆発し、2回に松山竜平選手のホームランですぐさま同点に追いつくと、會澤翼選手にも2ランホームランが飛び出し、すぐさま逆転に成功。3回にも1点、4回にも3点を加え、6回には會澤選手にこの試合2本目となるホームランが飛び出し、さらに点差を離し、9回にも駄目押しの1点を追加し、9-2で快勝。見事な攻撃で3連勝!9月に入って未だ負けなしです。阪神タイガースが負けたため、ゲーム差も広げることができました。
来週から阪神タイガースとの直接対決。勢いそのまま阪神タイガースにも3タテを食らわせて優勝マジック再点灯と、優勝に向けて一気に加速していって欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。